Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Face ID採用の新型iPadが登場? iOS 11.3ベータ版の中に「modern iPad」の文字列が見つかる

iPhone Xも「modern iPhone」と呼ばれていたとか

Kiyoshi Tane
2018年1月26日, 午後01:00 in Apple
164シェア
0
95
0
69

連載

注目記事


先日リリースされたばかりのiOS 11.3ベータ版から、今年発売と噂される新型iPadのヒントと思われる情報が発見されました。

その情報とは、ポルトガルのテクノロジー情報サイトiHelpBRの編集者が見つけた"modern iPad"という文字列。これが薄型ベゼルとFace IDを採用し、iPhone Xと近い要素を実装するとされる新型iPadを意味している可能性が指摘されています。

iHelpBRのFilipeEspósito氏は、Twitter上でiOS 11.3ベータから抽出した情報を公開。この中には「iPad_Modern」、すなわち「現代的なiPad」の文字列が含まれています。


なぜ、「modern iPad」がiPhone Xに近い新型iPadだと推定されるのか。それは、かつてiOSの中で正式発表前のiPhone Xが「modern iPhone」と呼ばれていた事実に基づいています。
今回はこれ以上の具体的な情報は出ていませんが、新型iPadについては様々な観測筋が予想を提示しており、どれも概ね一致しています。たとえば米Bloombergは2018年の早い時期に「薄型ベゼルとFace IDなどiPhone Xの機能を組み込んで再設計されたハイエンドのiPad」を予測。

そしてアップルの未発売製品に関する情報予測で有名なKGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏も「TrueDepthカメラを搭載してFace IDをサポートした」新型iPad Proの予測を投資家向けに語っています。

そうしたFace ID関連のほか、先述したBloomberg報道ではより速いプロセッサやアップル独自設計GPUの搭載、新型Apple Pencilや専用ソフトの新バージョン登場も予測。iPad Proをクリエィティブ方面に活用しているユーザーには、そちらのほうが気になるかもしれません。
 

Source: MacRumors
関連キーワード: apple, FaceRecognition, ios, ios 11, ipad, IpadPro
164シェア
0
95
0
69

Sponsored Contents