Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google、邪魔なリマインダー広告の非表示が可能に。広告表示の管理機能を拡充

広告表示を自分好みに調整可能に

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年1月26日, 午後05:15 in google
191シェア
1
100
0
90

連載

注目記事

ユーザーの利便性を損なったり、不快な思いをさせる広告の規制に積極的なGoogleが、新たにリマインダー広告を非表示にできる設定を追加しました。

例えばあるネットショップを訪れた際、他のサイトでそのショップの広告が表示されることがあります。これがリマインダー広告です。

それ自体は決して悪質なものではありませんが、購入意思がないのに広告が表示され続けるのは、多少邪魔だったり不快に感じるかもしれません。

そこでGoogleは、リマインダー広告を一覧表示し、不要なものを最長で90日間だけ非表示にできるようにしました。少し短いようにも思いますが、リマインダー広告がユーザーを追跡する期間は、通常1か月とのことで、90日間あれば実質的に問題はないようです。

Googleは今後数か月以内に、この機能をYouTubeや検索ページ、Gmailにも展開していくとしています。

リマインダー広告の非表示設定は本日から提供開始とのことですが、この記事を書いている時点(1月26日16時)では、筆者のアカウントではまだ利用できませんでした。いつものように、全てのアカウントで利用可能になるには、数日かかるのかもしれません。

なお、非表示にできるのはGoogleの広告サービスを利用しているもののみで、他のサービスを利用している広告は引き続き表示されるとのことです。

このほか、広告の非表示機能を拡張し、スマートフォンで広告を非表示にすると、PCでも表示されなくなります。



この件とは別に、Googleは2月15日から不快な広告のブロックを開始すると発表済み。

広告が主要なビジネスであるだけに、いかにユーザーに受け入れられるか(優良な広告までブロックされないようにするか)に注力している様子が伺えます。

Source: Google
関連キーワード: ad, adblock, ads, advertising, block, google, internet, Reminder, services
191シェア
1
100
0
90

Sponsored Contents