Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

速報:黒船スマホ「OPPO R11s」2月9日発売決定、18:9有機ELにデュアルカメラ搭載

世界第4位スマホメーカーが日本進出

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年1月31日, 午後01:30
209シェア
0
152
0
57

連載

注目記事


中国のOPPOは、日本参入第1弾となるSIMフリースマートフォン「R11s」を2月9日よりビックカメラ・ヨドバシカメラで発売します。価格は税別5万7980円。

OPPOは中国に拠点を置くスマートフォンメーカーです。スマートフォン出荷台数の世界シェアはサムスン、アップル、ファーウェイに次ぐ第4位。中国市場ではファーウェイを抑えて1位の座を獲得しています。


「OPPO R11s」の主な仕様は、6.01インチ 2160 x 1080解像度(アスペクト比 18:9)の縦長AMOLEDディスプレイ、Snapdragon 660プロセッサ、4GB RAMなど。

本製品の最大の売りはカメラ性能です。背面カメラは1600万画素+2000万画素のデュアル構成となっています。デュアルカメラの使い方は他のメーカーとは異なっているのも特徴で、通常シーンは1600万画素カメラで撮影し、50ルクス以下の暗いシーンでは暗所に強い2000万画素カメラに切り替わります。この2000万画素カメラセンサーは、隣接する4画素を1画素として合成し、感度を高める仕組みです。このように、「OPPO R11s」は暗所性能を強化するためのデュアルカメラというわけです。

インカメラも2000万画素と高画素で、自然なビューティー補正を適用できる点も売りにします。



本体サイズは155.1mm x 75.5 x 7.1mm、重さは153g。カラーバリエーションは、シャンパーニュ、ブラック、レッドの3色展開です。

生体認証は、背面指紋認証のほか、前面カメラで顔の128点の特徴を捉えることで、最速0.08秒(公称値)でアンロックできる顔認証機能を採用。

バッテリー容量は3205mAhで、5分間の充電で2時間の通話が可能な急速充電機能も搭載します。

対応ネットワークはTD LTE Band 38/39/30/41、FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28、WCDMA 1/2/4/5/6/8/19、GSM 850 / 900 / 1800 /1900MHz。WI-Fiは802.11 a/b/g/n/ac、NFCは非対応。





(発表会進行中につき更新中)

209シェア
0
152
0
57

Sponsored Contents