Sponsored Contents

Gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

イーロン・マスクの火炎放射器、予定の2万台を完売。消火器が標準付属に

消毒だ~

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年2月1日, 午後06:00 in Gadgetry
107シェア
0
107
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
イーロン・マスクが500ドルで発売したThe Boring Company印の火炎放射器は、ほんの数日で予定数量の2万台を完売しました。またイーロン・マスクのツイートによると、この火炎放射器には無料で消火器を付属するとのこと。


"世界で最も安全"をうたうこの火炎放射器は、2017年末にThe Boring Companyのブランドを記した帽子が完売した際にイーロン・マスクが「次は火炎放射器にしよう」とツイートしていたのを本気で作ってしまったもの。

なんで火炎放射器なのかはさておき、火を見ればテンションが上がるのはどこの国でも同じようで、発売を告知するイーロン・マスクも「これさえあればパーティが盛り上がること間違いなし」と太鼓判。さらに「ゾンビが大量に発生したりすれば、これを買ってよかったと思うだろう」などとツイートしていました。



すでにThe Boring Companyの火炎放射器は完売してしまいましたが、USA TodayはThe Ion Productions製のXM42-Mが少し高いもののおすすめだ、と紹介しています。

さて、イーロン・マスクが次になにを作って売るのかも少し気になるところですが、The Boring Companyはあくまでも渋滞解消やHypreloopを走らせることを目的としたトンネルを掘る会社なのはくれぐれもお忘れなく。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

107シェア
0
107
0

Sponsored Contents