Sponsored Contents

iotの最新記事

Image credit:
Save

KDDI、月400円からのIoT通信プラン「LTE Low」「LTE Mid」「LTE High」提供開始

月額最安400円からの二段階定額制

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年2月6日, 午後12:00 in iot
134シェア
0
71
0
63

連載

注目記事


KDDIは、IoT向けのLTEサービスにおいて、3つの定額制料金プラン「LTE Low」「LTE Mid」「LTE High」の提供を開始しました。

同プランは「KDDI IoTサービス LTE」において提供されるもの。1回線あたり月額最安400円からの二段階定額制で利用できます。

・LTE Low 基本使用料400円/通信速度128kbps/上限額1200円
・LTE Mid 基本使用料500円/通信速度512kbps(※3GBを超えると128kbps)/上限額2000円
・LTE High 基本使用料600円/通信速度 無制限(※3GBを超えると128kbps)/上限額2900円

(「LTE Low」と「LTE Mid」は30MBまで、「LTE High」は150MBまで基本使用料で通信可能。以降は上限額まで通信料金は0.03円/KBの従量課金)

このうち最も低速度・小容量の「LTE Low」は、各種センサーからのデータ収集や制御利用を想定。
中速・低容量の「LTE Mid」は、工場内の複数の機器からデータを集約して一度にアップロードするなどの用途を想定。「LTE High」は、防犯や監視設備を目的とした定期的な画像監視利用などを想定しているといいます。



KDDIもこれまでも「KDDI IoTサービス LPWA(LPWA)」を提供していますが、本プランは2段階定額制を採用し、さらに多くの通信を利用する用途向けプランとなります。

Source: KDDI
関連キーワード: iot, kddi, lpwa, ltem, network
134シェア
0
71
0
63

Sponsored Contents