Sponsored Contents

gamesの最新記事

Image credit:
Save

マリオの乳首に対する反響は予想外。『スーパーマリオ オデッセイ』小泉Pが発見困難コインやマリオの三角関係につき回答

マリオにも色々とプライベートがあるようです

Kiyoshi Tane
2018年2月6日, 午後02:00 in Games
183シェア
0
114
0
69

連載

注目記事


ニンテンドースイッチ専用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』の小泉歓晃プロデューサー(以下、小泉P)が、米任天堂のYouTube公式チャンネルにて、ファンから寄せられた数々の質問に答えています。

その中で小泉Pは、見つけにくい場所にコインが配置されている件につき、「デバッグチームの報告に報いるため」といった旨を回答。そうしたゲーム作りの内幕や、「マリオの乳首」「キノピオの頭は体の一部か、被りものか」など、一部ファンの間で物議をかもしていた事柄にコメントしています。


質問の一つ目が「マリオには乳首があるのに、なぜおへそがないの?」と誰もが疑問に思っていた点を直撃。小泉Pは「こんなに反響があるとは思ってなかったのでビックリしてます」と戸惑いを露わにした上で「そんなに話題になるなら、次回作はおへそをつけちゃおう」と茶目っ気あるコメント。
mario
そして「Toad(キノピオの海外名)の頭は帽子なの、それとも頭なの?」という質問に対しては「頭です」と答えつつ「中に何が入っているかは想像してください」と逆に謎の深まる問いかけ。

どちらも気軽なようで、海外マリオマニアにとっては並々ならぬ重みを持ったトピックスです。前者は発売前から「上半身裸マリオ」に全世界で衝撃が走り、「乳首マリオ(コイン1000枚でダントツに高い)を速く出すタイムアタック」ブームが起きたほど。


後者についても海外サイトDorklyにて、80年代後半のテレビアニメで「キノピオが帽子を脱いだ」画像を初め、歴代マリオシリーズを検証した上で「頭だよ」チームと「帽子だよ」チームに分かれる大論争が繰り広げられた顛末もあります。
kinopiotoadtoad
マリオシリーズ伝統の「発見しにくい」ないし「取れるとは思えない」コイン配置は最新作でも健在。小泉Pは「デバッグチームから思ってもいない場所を見つけてしまったという報告があったとき、その功績に報いるためにコインを置いたんです。そういう場所がどんどん増えていった」旨を答えています。
mario
シリーズ初の3Dとなった『スーパーマリオ64』については、発売から21年後に取得できないコインが発見されたこともあり。今作でも全コインのコンプリートが1年か2年で終わるとも思えず、息長く遊べることになりそうです。

ほか、マリオのデビュー作『ドンキーコング』での元祖ヒロインで、今作ではニュードンク・シティ市長としてカメオ出演したポリーン(『ドンキーコング』当時はレディ)とマリオ、ピーチ姫の三角関係について聞かれた小泉Pは「作品の中だけにしておいてあげてください」と慎重な答え。
mario
数十年の歴史を積み重ねてきたマリオも、いろいろとプライベートな事情を抱えるようになったのかもしれません。



Source: YouTube
関連キーワード: games, mario, nintendo, Nintendo Switch, SuperMario
183シェア
0
114
0
69

Sponsored Contents