Sponsored Contents

materialsの最新記事

Image credit:
Save

NEC、漆調プラスチック表面に蒔絵を再現する技術を新開発

耐摩耗性と"漆黒"の特性を両立

関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2018年2月7日, 午前07:30 in materials
248シェア
0
185
0
63

連載

注目記事


NECは2月6日、漆器の質感を再現したバイオプラスチック「漆ブラック」の表面に、蒔絵を再現する「蒔絵調印刷」を開発したと発表しました。

バイオプラスチックは、有機資源を原料としたプラスチック。化石資源を原料とする既存のプラスチックを置き換える材料として注目されていますが、安価に安定して量産するための技術が確立しておらず、普及は徐々に進んでいるものの、既存のプラスチックよりも高価な点が課題となっています。

近年、NECが研究開発に取り組んでいるバイオプラスチックが持つ特徴のひとつは、伝統的な日本の漆器が持つ質感の再現を試みている点。具体的には、光沢度が高く明度が低い、深い黒、いわゆる「漆黒」の再現を目指しています。従来のプラスチックにない装飾性を持たせることで、原材料としての活用の幅を拡大するとともに、高い付加価値をつける狙い。質感を評価する基準となるモデルとして、漆芸家・下出祐太郎氏の手による漆器を用いています。

従来、漆調バイオプラスチックの表面は"無地の漆黒"でしたが、今回の発表では、バイオプラスチックの表面に、スクリーン印刷によって高精細な蒔絵を再現しており、これに合わせて表面の傷付きにくさ、耐傷性(耐摩耗性)の向上を図っています。同社によれば、この背景には「漆器ならではの蒔絵表現も楽しみたい」そして「美しい外観をできるだけ保持したい」という既存ユーザーの要望があったといいます。

蒔絵とは、漆器の表面に金や銀などの金属粉で紋様や文字などを表現する工芸技法。蒔絵調印刷では、元となる蒔絵をデジタル画像として処理し、インクの組成や印刷条件の最適化を行うことで、本物の蒔絵に描写を近づけています。

耐傷性に関しては、バイオプラスチック成型時に用いる技術を改良することで、従来通りの漆に近い光学特性と、高い耐摩耗性を両立したとのこと。NECの漆調バイオプラスチックは元々、植物由来のセルロース樹脂に添加成分を加えることによって製造しており、詳細は不明ながら、今回の発表ではこの部分の技術を新しくしています。

漆調バイオプラスチックの用途としては高級志向の家電や日用品、自動車や携帯電話の外装、PCのフレーム、ガソリンスタンドの給油機、建材など広く活用されています。

NECが2016年に行った発表会では、現行の黒色だけでなく、漆器らしい朱色の製品開発も進めたい旨の声が開発者から聞かれましたが、今回の発表では朱色の登場は無さそうです。

関連記事:
NEC、漆器の黒を再現したバイオプラスチックを発表。非可食原料を用いた『漆ブラック』

Source: NEC
関連キーワード: bioplastic, materials, nec, plastic, Urushi
248シェア
0
185
0
63

Sponsored Contents