Sponsored Contents

peripheralsの最新記事

Image credit:
Save

空中に3D図面が描けるスタイラスペンが実現?アップルが特許を申請

ただ、ほとんどのアップル特許は製品化されないんですよね

Kiyoshi Tane
2018年2月7日, 午後09:00 in peripherals
183シェア
1
130
0
52

連載

注目記事


アップルがタッチスクリーン無しで使えるスタイラスペンの特許を申請していることが、オランダのWebメディアTechTasticの調べにより明らかになりました。

「非電子表面上の電子入力デバイスを使用したコンテンツ制作」と題される本特許では、タブレットやPCのタッチパネルではない平らな場所のみならず、空中でも使用可能。あわせて、空中に文字や3D図面を描けるアイディアも図解されています。

この特許は2017年7月に提出され、2018年1月から公開中です。その仕組みは、スタイラスの動きを様々なセンサーの組み合わせによってトラッキングするというもの。

ペン先に内蔵された力覚センサーが描画面にタッチした/離したを判定し、モーションセンサーやカメラ、または「電磁気ベースまたは音響ベースの三角測量スキーム」のうち一つ以上を含む様々な方法により3次元的に位置を検出するとされています。

スタイラスペンの使い道としては、空中に書かれたテキストをデジタル処理する方法や、円柱を3次元的に描画する方法も例示。作業中のコンピュータ画面にすぐさま反映され、より手軽かつ直感的に3D設計ができそうです。
stylus
すでに発売されているアップル製スタイラスペンといえばApple Pencilのみ、しかもiPad Pro専用で他のデバイスには使えません。もしも、この特許が製品化されたなら、MacBookなどより多くの機器のクリエイティブな可能性が広がりそうです。
pen
とはいえ、アップルが取得した特許の多くは製品化されていません。2016年にもジョイスティックやエアマウスのようにも使えるPC用スタイラスペン「STYLUS WITH INERTIAL SENSOR」の特許登録が明らかになりましたが、未だに続報がないままです。
stylus
なお、今回の特許図面の一つにはタッチスクリーン内蔵のiPodやラップトップPC、スタイラス対応のiPhoneらしきイメージも含まれています。こちらの方も商品化を望みたいところかもしれません。

Via: 9to5Mac
Source: TECHTASTIC, WIPO
関連キーワード: apple, ipad, iphone, mac, Mobile, peripherals, stylus
183シェア
1
130
0
52

Sponsored Contents