Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

これで2万円台とは驚いた──ファーウェイ新スマホ nova lite 2、縦長&2眼の魅力大

2万円台なのに高性能機に見える不思議

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年2月14日, 午後07:00 in mobile
267シェア
0
134
0
133

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

思わず「これで2万円台?」と声が出ました。アスペクト比 18 : 9の縦長液晶ディスプレイに、デュアルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」の実機インプレをお届けます。

ここ数年は変化が少なく「退屈」な状況が続いてきたスマートフォン業界ですが、ここ最近大きな変化がありました。Galaxy S8やiPhone Xをきっかけにした液晶の縦長化、そしてデュアルカメラの広がりです。「HUAWEI nova lite 2」は税別2万5980円という低価格ながら、そのトレンドの両方を抑えている点が特徴的と言えます。

「HUAWEI nova lite 2」の主な仕様は、5.65インチ 2160 x 1080解像度の液晶ディスプレイ、HUAWEI Kirin 659オクタコアCPU(2.36GHz x 4、1.7GHz x 4)、3GB RAM、32GBのストレージ、micro SDスロット(最大256GB)など。出荷時OSはAndroid 8.0。



背面のデュアルカメラは1300万画素+200万画素という構成。2つのレンズで被写体を測距することで、一眼レフ風のボケ感をソフトウェア的に再現できます。これを利用して、背景がボケた人物写真を撮影できる「ポートレートモード」、および撮影後にピントの位置やボケ具合を調整できる「ワイドアパーチャー」などの撮影モードを備えます。

インカメラは800万画素で、こちらはシングルレンズながら「ポートレートモード」を搭載。セルフィー向け美肌補正の「ビューティーエフェクト」は10段階から設定でき、盛りすぎないナチュラルなセルフィーを撮影できるとうたいます。



●2万円台という価格が信じられないくらい"ちゃんとしたスマホ"

いざ実機に触れてみると、「縦長液晶」と「デュアルカメラ」の両方のトレンドを抑えていることもあり、2万円台という価格が信じられないくらい"ちゃんとしたスマホ"という印象です。

液晶の画質や、画面スクロールの滑らかさなどに関しては価格相応という感じはするものの、デュアルカメラで被写体を撮影すると背景がきちんとボケますし、液晶が縦長で表示領域に余裕があるために、WEBやSNSといった縦長コンテンツの閲覧も快適です。





なお、ディスプレイは5.68インチと、iPhone 8 Plus(5.5インチ)よりも大きく、一見すると片手での操作性に不安を感じます。しかし、実際にはその心配は無用です。というのも、18:9の液晶を採用するために縦方向には大画面なのですが、横幅は16:9換算で5.1インチ画面と同程度。そのため、片手でも十分楽に操作できると感じます。

筐体は今や低価格スマートフォンでもおなじみのアルミ製で、手に取るとひんやりしています。背面には指紋センサーを備え、指を置くだけでワンアクションでロックを解除可能。カメラのシャッターとしても利用できるほか、今後のソフトウェア・アップデートで顔認証にも対応します。






対応周波数はFDD LTE B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 28。WCDMA B1 / 2 /5 / 6 / 8 /19。GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz。バッテリー容量は3000mAhです。

フルHD+解像度の高精細ディスプレイや3GB RAMなど、縦長液晶やデュアルカメラ以外のスペックも充実しており一昔前の4万円台のスペックが2万円台に降りてきた印象。ディテールの高級感があるとまでは言えないものの、コストパフォーマンスに関しては抜群で、安心して使える低価格スマホと言えそうです。

Coverage: HUAWEI
267シェア
0
134
0
133

Sponsored Contents