Sponsored Contents

cryptocurrencyの最新記事

Image credit:
Save

ゲーム会社ATARIがデジタル通貨「Atari Token」を発行。オンラインカジノの分野で活用

アタリトークンいっこいれる

Kiyoshi Tane
2018年2月16日, 午後01:30 in cryptocurrency
184シェア
0
132
0
52

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

ゲームファンには古くから親しまれている名を持つ会社ATARIが、独自のデジタル通貨「Atari Token」を発行する計画を発表しました。同社がこの計画の一部について言及したの2017年12月でしたが、2月8日にその詳細を発表して以来、同社の株価は60%以上も上昇しています。

ATARIはブロックチェーンを基盤としたデジタルエンターテイメントプラットフォームを構築している会社の株を取得し、契約の一環としてデジタル通貨を発行するとのこと。同社はゲーム技術会社Pairplayとオンラインカジノに関するパートナーシップを拡大し、デジタル通貨でのギャンブルを可能にする予定です。

ATARIのフレデリック・シェネイCEOは発表文にて「ブロックチェーン技術は我々を取り巻く環境にとても重要な位置を占めており、現在の経済エコシステム、とりわけビデオゲーム産業とオンライン決済の分野で、革命的とは行かないまでも変化をもたらそうとしています」と説明。

さらに「我が社の目標は、資産とATARIブランドの価値を最大限に活用するため、現金リスクを限定した上で戦略的ポジションを取ることです」と狙いを語っています。

その匿名性や海外送金のしやすさなど、オンラインカジノと仮想通貨は相性が良く、実際にビットコインなどを入出金に導入したオンラインカジノも少なからずあります。

ATARIは「ビデオゲームを作ること」を業務として1972年に設立された、おそらく世界最初期のゲーム会社。2人のプレイヤーがボールを打ち返し合う『ポン』が大ヒットしたのを皮切りにアーケードゲーム市場を席巻した一方で、後にAtari2600やAtari Jaguarなどの家庭用ゲーム機を発売し、コンシューマーゲーム市場の確立にも貢献しました。

その後にいろいろあって、現在のATARIは創業当初とは別もの。フランスに拠点を置くインフォグラムが同社から派生した会社や知的財産権を買収し、その傘下にあるグループ企業が「ATARI」を名乗っているかたちです。


Atari
現在のATARIは過去のATARIブランドの活用に熱心で、2017年7月には往年のAtari2600を彷彿させる新型ゲーム機「Ataribox」の写真を初公開。また今回、オンラインカジノでの提携を拡大するPairplay社と共同で懐かしの名作にならったスロットゲーム『Asteroid Scratch』をリリースしています。

かつてのATARIの名作『S.T.U.N RUNNER』の日本語版は「コインいっこいれる」で有名ですが(下の動画は海外版)デジタル通貨とオンラインカジノが日本向けに稼働したあかつきには、課金を「アタリトークンいっこいれる」とローカライズしてほしいところです。


Source: Bloomberg
関連キーワード: atari, Atari2600, cryptocurrency, games
184シェア
0
132
0
52

Sponsored Contents