Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone Ⅹのロック画面を使いこなすには「タップ」ではなく「プレス」がカギ:iPhone Tips

これまでのiPhoneとは地味に操作が異なっているのです

神戸紅実子(KUMIKO KAMBE、ゴーズ)
2018年3月2日, 午前11:30 in Iphone
143シェア
0
53
0
90

連載

注目記事

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

View

これまでのiPhoneとは異なり、iPhone Xのロック画面には「カメラ」と「ライト」のアイコンが表示されています。このアイコンを操作すると、ロック画面から2つの機能を起動できます。ロック画面からカメラを起動する方法は従来のiPhoneにもありましたが、ライトの起動はiPhone Xのみが対応します。

そして、これまでiPhoneを使っていた人がiPhone Xに乗り換えた際、ちょっと戸惑うのも実はここ。というのも、他のiPhoneとは異なり、これらのアイコンをタップしても起動しないため。実はちょっとしたコツが必要なのです。今回は、iPhone X独自のロック画面活用法を紹介します。

Gallery: iPhone Ⅹのロック画面を使いこなそう | 3 Photos

3

「タップ」ではなく「プレス」で


はじめてiPhone Ⅹを手にした人は、ロック画面にある2つのアイコンを操作しようとして、「アイコンをタップしたのに起動しない」と焦るかもしれません。実は、「カメラ」と「ライト」のアイコンは、誤操作を防ぐため、画面を強めに押し込むように触れる「プレス」でないと起動できないのです。

ためしに、「カメラ」アイコンをプレスしてみましょう。


▲「カメラ」アイコンをプレス(左)。「カメラ」が起動した(右)

これで「カメラ」アプリを起動できました。ここからロック画面に戻るには、画面の最下部を下から上にスワイプしてください。

新しく設けられた「ライト」のアイコンもプレスで起動できます。


▲「ライト」アイコンをプレス(左)。ライトが起動した(右)

ここでライトを消す時は、もう一度「ライト」アイコンをプレスすればOK。実はこのライトは使ってみると意外と便利。点灯するためにわざわざコントロールセンターを表示しなくていいので、夜にドアの鍵穴を照らしたいときや、カバンのなかで探しものをするときなどに役立ちます。

いずれにせよ、ロック画面でもiPhone Xの操作は、従来のiPhoneとはちょっと作法が異なっています。あらかじめ知っておくと、乗り換えた際に慌てません。


関連キーワード: iphone, iphone tips, iphoneX, tips
143シェア
0
53
0
90

Sponsored Contents