Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone宛てに大事な着信、「リマインダー」を使えば折り返しを忘れません:iPhone Tips

「あとで通知」をタップしよう

神戸紅実子(KUMIKO KAMBE、ゴーズ)
2018年3月9日, 午後12:15 in Iphone
177シェア
1
35
0
141

連載

注目記事


ちょっと手が離せないときの着信、どうしていますか? 「あとで折り返さなきゃ」と思っていても、つい忘れてしまうこともあります。ここでは、「リマインダー」アプリを使って着信を思い出す方法を紹介。と言っても、自分から「リマインダー」を開いて予定を入力する必要はありません。ただ、着信画面で「あとで通知」をタップすればよいのです。

Gallery: 「リマインダー」を使って電話の折り返し忘れを防ぐ | 4 Photos

4

「あとで通知」をタップしよう

着信画面で「あとで通知」をタップししたら、リマインダーアプリから通知を受け取るタイミングを決めます。ここでは「1時間後」を選択しました。


▲着信画面で「あとで通知」をタップ(左)。「リマインダー」からの通知を受けるタイミングをタップして選択する(右)

位置情報をオンにしていると、「1時間後」という選択肢のほかに、「ここを出るとき」や「家に着いたとき」などの項目が表示されます。「ここを出るとき」は、現在地から離れたときを、「家に着いたとき」は「連絡先」アプリに登録した自宅の住所に到着したときを意味し、それぞれのタイミングで通知を受け取れます。

「リマインダー」アプリから折り返せる

ここでは、1時間後に通知が来るよう設定したので、実際に1時間経ったタイミングで通知が表示されました。これをタップし「電話」をタップすると、相手に折り返しの電話をかけられます。


▲通知をタップ(左)。「リマインダー」アプリが起動した。「電話」をタップすると相手に発信できる(右)

なお、ここで「キャンセル」をタップしても「リマインダー」内に予定は残ります。再び「リマインダー」をアプリを開いて電話のアイコンをタップし、「電話」をタップすれば、同じように発信が可能です。


▲電話のアイコンをタップし、「電話」をタップする

関連キーワード: iphone, iphone tips, Reminder, tips
177シェア
1
35
0
141

Sponsored Contents