Sponsored Contents

accessoryの最新記事

Image credit:
Save

意外と少ないiPhone X専用高級スリーブケースは画面を守りたい裸族 or ストレート派向け

鞄に突っ込まざるをえない時にあると安心です

Engadget JP (Gadget mart)
2018年3月9日, 午前06:30 in Accessory
141シェア
0
61
0
80

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

iPhone Xを裸もしくはストレート型ケースに入れているユーザーで、鞄などにiPhoneを入れていたらほかの物と擦れて画面や外装、ケースに傷がついてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。AppleはiPad Pro用に純正のレザースリーブを出していますが、iPhone用にはありません。というわけでサードパーティ製を頼ることになるのですが、なかなかデザインや質感がグッと来るものがありませんでした。

「国立商店 iPhone X ケース レザースリーブ」革製品の老舗、国立商店の職人がひとつひとつ丁寧につくり上げたiPhone X専用スリーブケース。厳選した高級レザーが用いられています。


▲裸iPhone Xに合わせたジャストサイズ(税込み6469円)と、一般的なケースに入れたサイズに合わせたルーズフィット(税込み6674円)の2種類、それぞれブラックとブラウンを用意。


▲ルーズフィットのほうが横幅に余裕があります。


▲裏面。デザインは極めてシンプル。ルーズフィットのほうのみ、ストラップ穴があります。


▲ジャストサイズにiPhone Xを入れてみます。


▲シンプルに持ち歩きたい人向け。上下逆にすれば、Lightningケーブルを挿すこともできます。


▲ケースをトレイのようにして使うこともできます。硬い机などの上でiPhone本体を滑らせ、接地面に傷がついてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?


▲スリーブに入れたままQi充電も行なえましたよ。



▲コチラはルーズなほう。一般的な厚みのケースに装着した状態のiPhone Xを入れることができます。写真はApple純正のシリコンケース装着時ですが、ちょっと滑りが悪いですね......。レザーケースや、ハードケースのほうが相性いいと思います。


▲ケース・イン・ケースの状態でも、Qi充電大丈夫でした。むろん、限度はあると思います。


▲いずれのサイズも前面にカードポケットを用意しています。使わなくてもいい。

使い込んでいくうちに味が出る高級レザー・スリーブケース。iPhone Xを裸で使いたい、あるいはストレート型ケースで使いたいけれど、いつも気がつくと画面に傷が......なんて人にピッタリかと思います。

141シェア
0
61
0
80

Sponsored Contents