Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

Alexaにフォローアップモード搭載。続けて指示する際には「Alexa」の呼びかけが不要に、ただし米国のみ

なんどもAlexaと言わずに済みそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年3月12日, 午後12:45 in amazon
91シェア
4
87
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Google HomeやAmazon Echoなど、音声AIアシスタント搭載のスマートスピーカーはとても便利な反面、質問や指示するたびに「OK Google」や「Alexa」といったウェイクワードを言わなければいけないのが若干面倒です。

「Alexa、今日の天気は?」だけなら気になりませんが、今日の天気を聞いたあとに明日の天気も気になって確認する場合、もう一度「Alexa」と呼びかけなければいけません。エアコンをつけたあとに温度設定を変えたり、照明をつけたあとに明るさを変える場合なども同様です。

この不便を解消するため、Amazonがフォローアップモードをリリースしました。Alexaが返答を行ったあと、数秒間はウェイクアップワードなしに指示・質問を重ねられる機能です。フォローアップを受け付けている間はEchoデバイスの通知LEDが青色に点灯し、視覚的にも確認できます。

どんな場合にもフォローアップモードになるわけではなく、音楽やオーディオブックを再生している間は機能しません。また、バックグラウンドノイズが多い場合や、質問の意図が明確でない場合にも反応しないとのことです。

とても便利そうですし、スマートスピーカー(音声AIアシスタント)との自然な対話という点でも、重要な機能になると思いますが、残念なながら、いまのところフォローアップモードを利用できるのは、米国(英語)のみとなっています。

なお、これに近い機能として、Google Homeでは2つのコマンドを続けて指示できるようになっています。ただし、こちらも利用できるのは英語のみです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

91シェア
4
87
0

Sponsored Contents