Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

訃報:スティーブン・ホーキング博士死去。享年76、宇宙をを探究し続けた車椅子の物理学者

あちらの宇宙ではまだ...

Munenori Taniguchi
2018年3月14日, 午後04:15 in Space
813シェア
507
232
0
74

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View
理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士が、ケンブリッジの自宅で亡くなったと、家族の代表者が発表しました。享年76歳。ご冥福をお祈りいたします。


ホーキング博士といえばそのトレードマークともいえるのが車椅子。これは21歳のときに診断された運動ニューロン疾患(MND)の進行によるもの。ただ、医師からは余命2年とも言われていたものの、幸いにも病状の進行が非常に遅かったため、今日まで50年あまりにわたって研究を続けることができていました。

その代表的な業績を列記するならば、まず数学者で宇宙物理学者のロジャー・ペンローズ氏とともにブラックホールでは一般相対性理論が破綻するという特異点定理を証明し、ブラックホールに事象の地平線(地平面)の存在を提唱したことが挙げられます。さらに量子力学と一般相対性理論を量子重力理論を提示し、量子効果によりブラックホールから粒子が逃げ出すホーキング放射と称する現象の存在も予測しました。

このホーキング放射の発表では、科学誌Natureの表紙を飾ることになり、ホーキング博士は一躍全世界にその名前と姿を知られることとなりました。しかし博士は人前に出ることを恐れず、むしろ持ち前のユーモアセンスとともにわかりやすく宇宙について語ることで人気を博します。

1988年に発表された書籍『ホーキング、宇宙を語る』はロンドン・サンデータイムズ紙で4年もの長きにわたってベストセラーとなり、20年のあいだに発行数1000万部以上を記録しました。

2014年(日本では2015年)には、ホーキング博士を献身的に支えた前妻ジェーンとの物語を綴った映画『博士と彼女のセオリー』が公開され、博士を演じたエディ・レッドメインはアカデミー主演男優賞を受賞しています。

ただ、近年発展を続けるAIについては博士は懐疑的で、2015年にはアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック、SpaceX CEO イーロン・マスクらとともにAIを搭載する自律ロボット兵器の開発使用禁止を訴える書簡を国連に提出したりもしていました。


さて、博士はこの世を去ってしまったわけですが、はたして本当に天国へ行ったのかどうか...?というのも、博士は2011年の英紙The Guardianのインタビューにおいて「天国は暗闇が怖い人のために生み出された架空の世界」だと述べていました。これはMNDにともなう死と隣り合わせの人生にも影響された考え方と推測されます。そして自身の頭脳をコンピューターに例え「脳はコンピューターのようなもので、部品が壊れれば動作しなくなる。壊れたコンピューターには天国も来世もないんだよ」と語っていました。

確かにホーキング博士の考えには天国はないかも知れません。しかし、宇宙は間違いなく存在します。博士は生前「宇宙へ行かない限り、人類に未来はないだろう」と語っていました。おそらくいまごろは、天国などには見向きもせず、これまで行ってみることができなかったアルファ・ケンタウリや銀河の中心にあるはずの巨大ブラックホールをはじめ、宇宙をすみずみまで駆け巡っているのではという気がしてなりません。







Source: The Guardian, BBC
関連キーワード: BBC, breaking news, obituary, rip, space, stephenhawking
813シェア
507
232
0
74

Sponsored Contents