Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

子供向け活動量計Fitbit Ace発表。親のアプリから計測データをチェック可能、約1万1000円で5月下旬発売

Fitbit Alta miniという雰囲気

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年3月14日, 午後05:00 in wearables
117シェア
16
49
0
52

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

Fitbitが子供向けのフィットネストラッカー、Fitbit Aceを発表しました。

子供向けのフィットネストラッカーとしては、GARMINがVivofit Jr/Jr 2を発売中です。ただ、Vivofit Jrのターゲットとする年齢層が"4歳以上"でいかにもお子さま向けなデザインなのに対し、Fitbit Aceは"8歳以上"を狙う商品であるためか、Altaをややスリムにしたような、大人が身に着けてもおかしくないデザインになっています。

機能的には、歩数や活動時間の記録、睡眠の計測に対応。毎日の活動量(歩数、時間)のゴールを設定し、達成するとお祝いメッセージが表示されたり、アプリ上にバッジが追加されるなど、運動を促す仕掛けも用意されています。IPX7相当の防水性があり、身に着けたままシャワーを浴びても問題ないとのこと。ただし水泳の際には使用できません。またバッテリーは1回の充電で約5日間持つとのこと。

ファミリーアカウントを作成することで、親は子供の活動状況をチェックできるほか、友だち登録のリクエストを承認する権限を持ちます(Fitbitアプリには、他のFitbitユーザーと繋がり、スコアを共有したりメッセージを交換する機能があります)。

なお、子供がスマートフォンを持っていない場合には、親のスマートフォンから同期も可能。スマートフォンを持っている場合には、着信通知にも対応します。

Fitbit Aceの価格は99.95ドル(約1万1000円)、第2四半期(公式サイトでは5月下旬の予定)に発売されます。
117シェア
16
49
0
52

Sponsored Contents