Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル新製品イベントは日本時間3月28日0時から。ウワサの低価格iPadはPencil対応か

ただし主な発表は教育機関向けのようです

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2018年3月17日, 午前02:50 in apple
920シェア
384
453
0
83

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View
ウワサの低価格iPadがいよいよ登場するのでしょうか。米国アップルが毎年恒例となった、3月新製品発表イベントの招待状送付を開始しました。開催時刻は米国時間で3月27日の午前10時、場所はシカゴのハイスクール。日本時間では3月28日(水)の午前0時からとなります。

ただし今回は、どうも事前予想とはノリが違っていそうな気配が濃厚です。というのも、開催場所が上述のように高校である点、また招待状に書かれたフレーズに「creative new ideas for teachers and students」(先生と生徒のために新しいアイデアを創造します)とある点から、ほぼ確実に教育機関に向けたイベントとなることが予測されるため

ウワサされている製品のうち、教育機関向けとなると、低価格iPadやAir後継とウワサの13インチMacBookあたりは、米国の教育機関で人気のChromebook勢に対抗する側面もあって該当しそうですが、一般消費者向けの製品は多くない可能性が高そうです。


さて、今回のキャッチコピーは『Let's take a field trip.』。こちらも「実地見学(社会科見学)に行きましょう」的なニュアンスとなり、やはり教育市場向けのノリを伺わせます。

一方でイラストからは、カリグラフィ、あるいはペンで描かれたようなAppleロゴと文字が特徴的です。このことから、低価格iPadがApple Pencil対応になる(あるいは蓋を開けてみたら低価格なiPad Proだった)という予測も信用度が高くなりつつあります。

これは従来から、アップルは新製品のヒントを、キャッチフレーズよりはむしろ招待状のビジュアルに仕込んでくることが多かったため。これを踏まえて、予測はされていたものの発表はしばらく先では、と思われていた次世代Apple Pencilが出るのでは、という強気な予測も出てきています。


いずれにせよ、最新のウワサ、またはアナリスト観測では、高級なiPad ProやiPhoneなどは、6月4日からの開発者向けイベント、WWDC 2018の基調講演で発表される(=今回はまだ)という点が有力視されています。




製品が登場しそうなタイミングという点では、昨年9月のイベントで発表済みながらまだ出荷されていないワイヤレス充電パッド『AirPower』(一説には3月中に発売とのウワサもあります)についても何らかの情報が公開されていい頃合いですが、今回のイベントがコンシューマー指向でないことから、スルーされても不思議ではありません。

いずれにせよ、イベントまではあと10日程度。もちろん当日は数々の速報をお届けする予定です。ご期待ください。

920シェア
384
453
0
83

Sponsored Contents