Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPad ProでOffice文書の作成や印刷はどうするの? 新生活で脱PC(弓月ひろみ)

iPadで事務作業はどこまでできるのか徹底検証

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2018年3月18日, 午前08:00 in Apple
1106シェア
314
177
0
615

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View


もうすぐ春ですね。新生活に備えPCの買い替えを考えている人も多いのではないでしょうか。その中にはiPadの購入を検討している人もいるでしょう。私は「脱PC、iPad Pro生活」を続けて1年になりました。

初代iPadからのユーザーなので、iPad暦は早6年。職業上、執筆や動画編集がメインですが、イベント運営も行なっているので、日常的に事務作業も行ないます。今回は「iPad Proだけで、一般的な事務作業が完璧にできるか」をテーマにお届けします。

ビジネス セットはiPad Pro 10.5+SmartKeyboad


私が仕事用として推奨するセットは「iPad Pro 10.5インチ(セルラー版)+SmartKeyboad(JIS)」。理由は次の通りです。

1. 抜群のポータビリティ
本体の重さは477g、キーボードは約240g(弓月ひろみ調べ)、トータル約717g。MacBook 11インチの約1Kgよりも軽く、タブレット+PCライクで使えるのが魅力。SmartKeyboardには耐水コーティングが施されているため汚れにくく、サッと水拭きできるのもポイントです。

2. モバイルバッテリーで充電可能
iPad Proセルラー版の公式スペックは「携帯電話データネットワークでのインターネット利用が最大9時間」。 実感としては、日中1日活動しても、充電は不要。電源のある場所を必要がなく、作業できる場所が増えました。

3. SIMが入るモバイルPCとして使える
iPad Proを仕事で使うにあたり、Wi-Fiではなくセルラーをオススメするのは"どこにいてもすぐ使える"ことが最大の魅力とも言えるからです。自宅や社内ではWi-Fi接続も安定しているでしょうが、外出先ではそうもいかず、テザリングだと切れることもしばしば。iPad用にSIMを契約しておけば、スマホ同様、手にしてすぐ使えます。

4. 個人作業と共有作業を行き来できる
キーボードを使った作業も、机上で画面を見せる共有も、ケーブルをつないだプレゼンテーションも1台で済みます。MacやiPhoneを使っている人ならiCloud経由でデータの行き来もラク。電車の中ではササッとiPhoneでメモや下書きを行ない、iPadで清書するスタイルが便利です。

マクロ機能は使える? Officeアプリの紹介

iPadでの事務作業となると、気になるのは「Microsoft Officeは使えるのか?」でしょう。Word、Excel、PowePointの3つですね。iPad Proの場合、アプリ自体はApp Storeから無料でダウンロード可能ですが、使用にあたり下記3つの注意点があります。
  • ファイルの閲覧は無料
  • 編集と保存は有料(月額1290円)
  • Excelのマクロ機能は使えない

Word

App名: Microsoft Word、デベロッパ: Microsoft Corporation

Excel

App名: Microsoft Excel、デベロッパ: Microsoft Corporation

PowerPoint

App名: Microsoft PowerPoint、デベロッパ: Microsoft Corporation

社内などで作成されたExcelのシートに数値を足して戻す、管理表に書き込む、Word文書を修正して送信する、プレゼンテーションを取引先に合わせて変更するなどといった作業をする場合、有料版は必須です。作業自体にインターネット接続は必要ありません。本家だけあって、どのアプリも安定しており、使いやすさは抜群です。Word、PowerPointもPC版とほぼ同じ。ただし、Excelのマクロは追加できず、マクロの入ったファイルを正しい状態で開くことはできません。

モバイルプランとして用意されているのは「Office 365 Solo」で月額1290円。少々高くも感じますが、このプランにはデスクトップ版の Office2016 Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookがついてきます。PC×2台、タブレット×2台、スマートフォン×2台で利用でき、1TBのOneDriveオンラインストレージとSkypeから固定電話や携帯電話への60分無料通話/月、Outlook.comのメールボックス50GBがセットになっています。Dropboxのストレージは1TB 1240円/月ということを考えると、コストパフォーマンスは非常に高いと言えるでしょう。

Officeとの互換性で言えば「Google3兄弟」も外せません。Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドの3アプリです。
  • ファイルの閲覧、編集共に無料
  • 新規作成にはインターネット接続が必須
  • Google Apps Script(通称GAS)というスクリプト実行機能がある
Googleアカウントさえあれば誰でも使うことができるGoogleのOffice互換シリーズ。すべて無料で使えるのは嬉しいポイントですが、ネット接続は必須。モバイル環境での利用が多い人は、契約しているSIMのプランにも気をつけましょう。

Googleドキュメント

App名: Google ドキュメント、デベロッパ: Google, Inc.

Googleスプレッドシート

App名: Google スプレッドシート、デベロッパ: Google, Inc.

Googleスライド

App名: Googleスライド、デベロッパ: Google, Inc.

Apple製品のユーザーであれば、間違いなくお勧めできるのがPages、Numbers、Keynote。ダウンロードは無料、MacやiPhoneとのデータの行き来も無料、Officeとの互換性もあります。ただし、PowerPointとKeynoteの場合、フォントや図表の位置ズレが高確率で起こるため、多少の修正が必要になることが多いです。環境が許すなら「プレゼンテーションはKeynoteでつくる!」と決めて作業してしまうほうが、余計な手間がかからずに済むでしょう。

Pages

App名: Pages、デベロッパ: Apple

Numbers

App名: Numbers、デベロッパ: Apple

Keynote

App名: Keynote、デベロッパ: Apple

どのアプリもExcelのマクロ機能が読み込めないのは残念ですが、単純なデータであれば「外出先でデータを受け取り、修正して活用する」ことが可能になります。

テンキーなくても使い物になる?

Smart keyboardにはテンキーがないため「入力が面倒なのでは?」と思った方、ご安心ください。Excel、Numberの場合、ソフトウェアキーボード上でテンキーが使えます。数字を入力する時は、キーボードを外して使うのがコツ。

Excelだとこんな感じ

Numbersではこう出ます



iPad Proでの仕事で一番オススメなのが「プレゼンテーションに使う」こと。移動中にプレゼンテーション資料をクライアントごとに変えたり、話題のニュースに合わせて変更したりといったことができますし、印刷しなくてもその場でデータを見せることができます。Keynoteを使えば相手にiPad Proを渡し、手元のiPhoneをリモコン代わりにして動かすということもできるので「急なプレゼンが!」というシーンでも安心です。

送られてきたzipファイルはどうすればいい?

iPadでzipファイルは開けないと思っている人も多いようですが、実は標準のメールアプリだけで受信した圧縮ファイルの中身をプレビューできるのです。



添付ファイルをタップするとダウンロードが始まり......。



「内容をプレビュー」をタップ。圧縮されたファイルの中にあるデータを確認できました。ただし、イラストレーター(ai)のデータや、iOSで対応していない動画など、拡張子によってはできないこともあります。



圧縮ファイルの中にあるデータは、プレビューからアプリにコピーを送ることができます。JPEG画像なら、そのままカメラロールに保存可能。クラウドサービスにアップロードもできます。

印刷はどうする?

iPad Proで修正、作成したデータを外出先で印刷したいこともあるでしょう。PCならUSBメモリーにデータをコピーして印刷するのが一般的ですが、iPadの場合はクラウドサービスやコンビニのプリントサービスを活用すると便利です。私がよく利用するのは、セブンイレブンの「ネットプリント」。

App名: netprint、デベロッパ: Fuji Xerox Co., Ltd.

PowerPointを例に見てみましょう。右上の共有ボタンを押し、PPTデータをPDFデータに変換。その後ネットプリントにアップロードします。管理番号が発行されるので、その番号を控えてセブンイレブン店舗へ向かいます。店内のコピー機で「ネットプリント」を選択、管理番号でデータを呼び出して印刷します。



セブンイレブンの場合、ユーザー名やパスワードが不要で、管理番号さえわかれば、全国どこのセブンイレブンからも、データを印刷することができます。

たとえば社内にいるスタッフからKeynoteのプレゼン資料が送られたとします。それをiPad Proで受け取って最新データに書き換えます。PDFに変換して、ネットプリントにアップロードします。発行された管理番号をメールやメッセンジャーでほかのスタッフに知らせます。受け取ったスタッフは全国どこのセブンイレブンからでもデータをプリントできるというわけです。

具体的な操作の様子は以下のムービーをどうぞ。



このようにiPad Proは機動力が高いのが魅力。出先で電源のあるカフェを探す必要がなく、モバイルバッテリーでも動きます。どうしてもExcelでマクロ機能を使いたい人ならPCが必要ですが、デスクの母艦PC +モバイル+αという使い方ならiPad Proが断然おススメです。

私は使用場所を選ばないiPad Proのおかげで電源を探し回ることがなくなりました。小さいカバンにも入るので気軽に持ち歩けます。PCを持って行こうかどうしようか......と悩む必要もないので、個人的には最強のモバイル環境を手に入れたと思っています。

以上、iPad Proオンリー生活1年の弓月ひろみがお届けしました。今の仕事を続ける限り、iPad Proは私にとって最も便利で、ビジネスのスピードを加速させてくれる頼もしい相棒。常にこれ1台で作業する方法、環境を整えるようにしています。PC不要というより、iPad Proこそが私にとっての「新時代のPC」になっているんですね。1996年から数々のPCを使ってきましたが、今となってはAppleのCMで少女が「コンピューターって何?」と尋ねる感覚に似てきているのかも......。



1106シェア
314
177
0
615

Sponsored Contents