Sponsored Contents

paymentの最新記事

Image credit:
Save

英国国教会がApple Payに対応。セルフ寄付端末は試験中

若い世代の現金離れに対応

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年3月23日, 午後07:30 in Payment
147シェア
25
82
0
40

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

日本でも普及が進む Apple Pay の話題。米国についで2015年から導入が始まった英国では、英国国教会がApple Pay支払いに対応しました。

モバイル決済サービスのSumUpおよび iZette と英国国教会のパートナーシップにより、教会での結婚式や洗礼式などの支払いや寄付に Apple Pay や Google Pay、ICチップ対応カードなどの決済サービスが使えるようになります。

Church of Englandの発表によれば、導入の理由は特に若い世代で現金離れが進んでいるため。

今回の発表は、教会用のポータルを通じて英国内 1万6000以上の教会や聖堂でモバイル決済端末が導入可能になったとの内容。

現時点でモバイル決済が使える教会や施設は一部のみで、今後導入するか否かもそれぞれの判断に任されています。

なお教会での寄付といえば、お皿を回して各々が自分で出せるだけの現金を載せてゆくアレを想像しますが、英国国教会によればセルフサービス寄付への対応は現在テスト中とのこと。

いずれ円盤状で、現在までの寄付額がリアルに表示されるモバイル寄付専用端末が開発されるかもしれません。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: payment
147シェア
25
82
0
40

Sponsored Contents