Sponsored Contents

comicの最新記事

Image credit:
Save

粉モノは全滅しちゃう? 辛酸なめ子の『未来の食事』話

スピルリナは藻みたいなものだそうです

辛酸なめ子
2018年3月26日, 午後06:00 in Comic
189シェア
42
101
0
46

連載

注目記事


近い将来、地球はもうグルメな星ではいられなくなってしまうかもしれません。

JAXAなどの団体による、期間限定の未来食の展示「未来レストランいぶき」を見に行ったら、ブルーのパスタや透明のたこ焼き、人工イクラの寿司といった皿が並んでいました。未来っぽくておしゃれですが、温暖化の過酷な環境を反映した料理だそうです。酷暑で小麦の収穫量が減り、栄養価が下がったり、魚の獲れる量も減少することが想定されているとのこと。

たこ焼き好きとしては、小麦粉の代わりにダシ味のゼリーで包むというのがショックでした。さらに食糧価格が高騰するため、たこ焼きは1080円、パスタは3200円、寿司は7200円が想定されていました。今の安くておいしい食べ物の記憶を脳裏に刻み込んでおきたいです。

JAXAの方に「もう人口減らすしかないですよね?」と言ったら、「なるべく人口は減らさない方向で......」と博愛的なコメントが。何度も人口減少について言ってたら対応の係が交代になりました。でもエリートのJAXAの方と会話できて光栄です。

今回のイベントは、温室効果ガス観測技術衛星の「いぶき2号」の広報も兼ねているようです。帰りにアンケートを手渡され、JAXAについての感想を選ぶ項目があったのですが、選択肢が「誇らしい / 応援したい / 社会に必要」などで、そのプライド感も素敵でした。これからも地球防衛よろしくおねがいいたします。
関連キーワード: comic, food, Future, jaxa, nameko, octopus
189シェア
42
101
0
46

Sponsored Contents