Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフトのEdgeブラウザがiPadとAndroidタブレットに対応。「PCで続行」で閲覧中サイトをPCで表示可能

PCでEdgeを使っている人には軽くてよさそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年3月27日, 午後02:00 in mobile
180シェア
30
85
0
65

連載

注目記事


MicrosoftはiOS、Android向けのモバイル版EdgeブラウザがiPadとAndroidタブレットに正式対応したと発表しました。アプリはApp StoreおよびGoogle Playからダウンロード可能です。なお、スマートフォン向けのEdgeは昨年10月にプレビュー版としてリリースされ、11月末には正式版となっていました。

PC版のEdgeとブックマークや保存したパスワードの同期ができるのはもちろん、特徴的な機能として、モバイルで見ているサイトをPC上ですぐに開ける「Continue on PC(PCで続行)」があります。

モバイル版に表示されるアイコンを押すと、同じMicrosoftアカウントを利用しているWindows 10 PCのリストが表示されるので対象のPCを選択。そのPC上でEdgeが立ち上がり、同じサイトが表示されます。

普段はスマートフォンで情報収集などをしつつ、必要な場合にPCの大きな画面で見たい場合などには便利そうな機能です。ただ、残念ながらその逆、PCで表示しているものをモバイル側に送る機能はありません。これができると、出かける間際に見ていたサイトを移動中にもそのまま閲覧できるので、今後の対応に期待したいところです。

なお、Microsoftは以前から積極的にクロスプラットフォームの戦略を進めており、EdgeのほかにもAndroid向けにMicrosoft Launcherを公開しています。


Source: Microsoft
関連キーワード: android, browser, edge, internet, ios, ipad, microsoft, mobile, web
180シェア
30
85
0
65

Sponsored Contents