Sponsored Contents

smartphonesの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneで印象的な桜を撮ろう。三脚とライティングの工夫でここまで美しくなります

三脚とLEDライトがあると撮影が捗ります

Hirotaka Totsu
2018年3月29日, 午前11:30 in smartphones
227シェア
67
82
0
78

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

関東では、例年より1週間ほど早く桜が見頃のタイミングとなっています。この季節はお花見などで桜を撮る機会も増えるかと思いますが、昼間はまだしも夜桜をスマートフォンで撮るのは難しいもの。

しかし、適切なアイテムを使い、さらに工夫を凝らすことで、スマートフォンでもグッとキレイで印象的な写真に仕上げることもできます。今回は三脚やLEDライトといった撮影用機器を使い、スマホでより美しく桜を撮影するためのテクニックを紹介します。今回の撮影にはiPhone 7 Plusや8 Plusを使っていますが、他のスマホでも使えるワザです。

Gallery: 桜 | 73 Photos

73



実は桜を撮るのは、一眼レフなどの高性能カメラを持ってしても難しいと言われています。理由は、ちょっとの風でも花や枝が揺れてしまってブレ(被写体ブレ)が発生してしまうからです。風が止むのを待つ忍耐力も必要となりますが、シャッタースピードをあげることである程度の被写体ブレを防ぐこともできます。



今回使用したのは、マンフロットのモバイル三脚「Befree Live」と「TwistGripスマートフォンアダプター」そしてライトとして「LUMI LEDライト」を用意しました。合わせて動画撮影用のマイクロホンとしてSHUREの「MOTIV MV88」を使用しています。




こちらが実際に装着したセットアップ例。桜の花は背丈よりも高い位置に咲いていることが多いので、テーブル三脚やミニ三脚では思うように撮れない場合も多いのです。今回選んだBefree Liveは、最伸高が151cmとモバイル用の三脚としては高さもあり、耐荷重も4kgまでと余裕があるため、iPhone 7 Plus、8 Plusなど大型のスマートフォンにマイクやライトを載せても十分支えられます。



また、角度調整の柔軟度も高く、ほぼ真上を撮影できるまで角度をつけられます。この状態ですと液晶は底面側を向くために確認が大変ですが、自由雲台ではないビデオ雲台でここまで仰角がつけられるのは便利です。

桜が綺麗だと思うアングルを探して、こうした三脚でしっかりと固定するのが、美しい仕上がりへの近道です。



次にライトの使い方について。夜間はもとより、昼間の撮影においてもLEDライトが有効な場合があります。その一つが逆光時です。



こちらは、逆光気味になって花が暗く写っている状態です。



HDR撮影機能やや露出補正などで暗い部分を持ち上げることで、対象部分を明るくすることができます。



HDR撮影と露出補正に加えて、ライトを照らした状態がこちら。このように、グッとキレイな花びらを撮影することができました。



もちろん夜の撮影では、LEDライトと三脚の存在がより一層重要になります。



撮影用のライトであると便利な機能は、明るさと色温度(光の色)が調整できること。今回使用したマンフロットのLUMI MUSE 6 LEDライトは、3段階の調光と3種類のフィルターによって色温度などを調整できます。



もちろん最大輝度も、明るいほうが有利です。こちらに関しても最大440ルクスと、iPhoneの光学2倍(望遠側カメラレンズ)で画面に収まる範囲を照らすには十分な光量です。



さらに、細かな撮影設定が必要な場合には「Adobe Photoshop Lightroom CC mobile」など、細かい設定ができるカメラアプリを使います。

シャッタースピードやISO感度、絞り(F値)などを個別に設定できるので、シャッタースピード固定で、適正な明るさになるようにライトの照度やF値、ISO感度などを調整するなどといったこともタッチパネルで簡単に設定できます。もちろん、標準のカメラアプリで露出設定を調整したり、HDR撮影を使うことで適切な写真に仕上げる方法もあります。



最後にもう一つ、知らない人には意外なライトのテクニックを紹介しましょう。それは暗所で背景を消す効果です。

街中での撮影では、上の写真のように、背景に建物などが写ってしまうことがあります。これも悪くはないのですが、ライトを適切に当て、さらに露出補正などで背景を暗めにすることで、暗闇に桜が浮き上がった写真が撮れるのです。




ただしこうした写真を撮るには、三脚でガッチリと固定することも重要です。
撮影者が二人以上いて、なおかつスマホが2台以上あれば、一人がスマホのライトを点灯して明るくし、一人がスマホをしっかり持って撮影する......といった対応も取れますが、夜の撮影にはやはり三脚があったほうが何かと便利だと思います。

Gallery: 桜 | 73 Photos

73



関連キーワード: events, iphone, mobile, smartphone, smartphones, tips
227シェア
67
82
0
78

Sponsored Contents