Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

ファーウェイP20 ProとP20、Mate RS詳細写真レポ。プレゼンではわからない点に肉薄

ファーウェイの力作だけあり、面白いポイントが多数あります

小山安博(Yasuhiro Koyama)
2018年3月28日, 午後04:00 in huawei
270シェア
25
161
0
84

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View
PS4『Detroit: Become Human』序盤レビュー。膨大な選択肢で紡ぐ近未来SF大作

PS4『Detroit: Become Human』序盤レビュー。膨大な選択肢で紡ぐ近未来SF大作

Ittousai, 9 時間前
View

Huaweiがフランス・パリで発表したハイエンドスマートフォン「HUAWEI P20」「HUAWEI P20 Pro」「HUAWEI Mate RS」の3モデルは、特にカメラ機能が注目の新製品です。会場では実機のタッチ&トライコーナーも設置されており、多彩な撮影機能を試すことができました。

本稿では早速、これら3モデルの発表会場に展示されていた実機をご紹介します。

Gallery: HUAWEI P20レビュー | 41 Photos

41


▲P20(右)とP20 Pro。サイズは一回りほどの違いがあります


P20/P20 Proは、いずれもiPhone Xのような切り欠き(ノッチ)が上部にあるデザイン。下部の指紋センサーギリギリまで画面を拡大したことで、本体サイズに対する画面占有率が広くなっています。

P20はRGBにホワイトを加えたRGBWディスプレイを搭載。ディスプレイサイズは5.8インチです。7.65mmという薄型ながら3400mAhという大容量バッテリーを搭載しています。

▲P20。基本的なデザインはどちらも共通しています



▲背面。Proと異なり、カメラモジュールは2基のみを搭載します


▲側面


▲上部には赤外線ポート、底面にはUSB Type-Cポートを配置。イヤホンジャックは廃止されました。イヤホンはUSB Type-C版と、3.5mmジャックへの変換ケーブルが付属します


▲カメラの出っ張りはこのぐらいです


▲ディスプレイ側の切り欠き(ノッチ)は最小限のサイズ


P20 Proは6.1インチOLEDディスプレイを採用。厚さは7.8mmながら4000mAhのバッテリーを搭載しており、P20と同様に薄型ボディを実現しています。さらにIP67の防水防塵性能も備えています。


▲P20 Pro。正面はサイズを除けば、ほとんどP20と同じ外観です


▲本体背面


▲側面もP20に近い印象です


▲赤外線センサー、USB Type-C、イヤホンジャックの廃止なども共通です


サイズはP20が画面の小ささもあり一回りほどコンパクトになっていますが、どちらも縦長ディスプレイで横幅が抑えられているため、比較的持ちやすくなっています。


▲左からHUAWEI P10、HUAWEI Mate 10 Pro(ここまで現行モデル)、P20 Pro


Pシリーズの特徴となるカメラは、P20は従来通りのデュアルカメラで、一方がRGBのカラーセンサー、もう一方がモノクロセンサーです。1200万画素、2000万画素という画素数も従来通りです。レンズのブランドはライカ SUMMILUX-H 1:1.6/27 ASPH.です。

P20 Proは、初めて3つのカメラを使うトリプルカメラを採用。RGBセンサーが2つとなり、一方が35mm判換算27mm、もう一方が80mmで、画素数はそれぞれ4000万画素、800万画素です。レンズはVARIO-SUMMILUX-H 1:1.6-2.4/27-80 ASPH.と、ライカのズームレンズとしてのブランド名が与えられています。


▲P20 Proのカメラモジュールは3つ



▲カメラのUI。これは標準カメラ側。なお、既に日本語設定も用意されています

▲望遠側のカメラは焦点距離が3倍


▲さらに「ハイブリッドズーム」として5倍までズームできる


▲解像度設定。最高の40Mを選ぶとズームができません。10M以下だとズームが可能


▲マスターAIをオンにするとシーン認識が動作する


実際は、カラーセンサー側の2つのレンズを切り替えることで焦点距離が27mmと80mmになり、疑似的な光学3倍ズームとなっています。最後の1つは2000万画素のモノクロセンサーで、カラーセンサーと組み合わせて解像感を高める役割などを担う、という仕組み。

どちらもAIを活用した豊富なシーン認識に加え、複数枚の写真を合成して手ブレのない暗所撮影を実現する「HUAWEI AIS」などの機能を備えています。

ネットワークとしてはDSDSに対応。どちらのSIMスロットも4GとVoLTEをサポートしています。

▲デュアルSIM対応


Porsche DesignによるMate RSは、トリプルカメラを採用してP20 Proと同等のカメラ機能を備えつつ、ワイヤレス充電や画面に指紋センサーを埋め込んだインスクリーン指紋センサーなどを搭載しており、デザインと機能も強化したモデルです。

▲HUAWEI Mate RS


▲背面。カメラはP20 Proと同様のトリプル構成

▲本体側面


▲インタフェースはP20シリーズと共通です



▲OLEDディスプレイは側面がカーブしたタイプです

▲レンズはP20 Proと同じくVARIO-SUMMILUX-H 1:1.6-2.4/27-80 ASPH.


▲指紋センサーの設定画面。背面のセンサーに加え、画面上にもセンサーが配置されています


▲指紋の登録画面。画面側の指紋センサー位置はこのあたりです

▲これはP20 Proによる夜間(Night)モード。オートにするとHUAWEI AISを利用した撮影になります。30秒以上の長時間露光やISO感度の手動設定も可能


▲暗所で撮影したところ、ISO感度が10000まで上がっていますが、シャッター速度は16分の1秒に。現状だとマニュアルではISO3200までの設定となりますが、ここはシステムアップデートにより、さらに高感度まで設定が可能となります

▲面白かったのが、同時発表された完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds」。どこかで見たデザインです。159ユーロ


▲もう一つ面白かったアクセサリーがライト付き自撮り棒「HUAWEI Moonlight Selfie Stick」。セルフィーでは使い方が難しい直射光ではなく、適度に拡散されたライトを照らせる野がポイントです


270シェア
25
161
0
84

Sponsored Contents