Sponsored Contents

pressreleaseの最新記事

Image credit:
Save

手に乗るサイズで3000lm。高輝度小型プロジェクターがSandlotsから発売

Android機とバッテリー内蔵タイプ。汎用性の高さも魅力

PR TIMES
2018年3月29日, 午後02:35 in pressrelease
68シェア
0
68
0
0

連載

注目記事


株式会社Sandlots(本社:千葉市稲毛区長沼原町317-1、代表取締役 植村祐貴)が運営している直販サイト 『FunLogy』では、わずか3cmの厚さで3000ルーメンの明るさを実現した小型プロジェクター「FUN BOX」を発売開始しました。


小型プロジェクター FUN BOX
販売価格:79800円(税込)
商品ページhttps://projector.click/product/funbox/







FUN BOXは、わずか厚さ3cmながら3000ルーメンの明るさを誇ります。同価格帯・大きさのプロジェクターの中では、トップクラスの性能です。生活の中で完全な暗所を用意するのはかなり労力を要しますが、FUNBOXならそういった心配をせずにプロジェクターを使用することが可能です。
もちろん、モバイルでも使用可能。1時間30分の連続再生が可能です(モバイル時2500ルーメン)。


【多彩なインプット】


HDMIはもちろん、VGA・SDカード・USBなど多彩なインプットを搭載し、様々なシチュエーションで活躍可能です。Wifiでの無線接続にも対応しており、ワイヤレスでPCやスマホの画面を大画面で投影することが可能です。
また、officeにも対応しているので、USBメモリに入れたExcelなどのデータをそのまま投影することが出来ます。解像度も高いので、文字が潰れずクッキリと見えます。


【マウス・キーボードを接続可能】



本体にはAndroidを搭載しており、マウスやキーボードをBluetoothでペアリングして操作することも可能です。
まるでパソコンのような使用感で、快適に使用することが可能です。


【快適な使用をサポート】



自動台形補正はもちろん、マニュアルでの台形補正にも対応し、好みの角度で視聴可能です。また、画面サイズ調整機能(80~100%)もついているので、プロジェクターの位置を変えずにスクリーンの大きさに合わせることが出来ます。


【画質と音声】


また、FUNBOXは画質と音声にも徹底的にこだわっています。FUNBOXは人間の目で認識出来る全ての色を発色可能で、これは他のどのプロジェクターも実現出来なかったことです。解像度も1280Pまで対応しているので、最新のゲーム機を接続して、鮮やかな画面を楽しむことが出来ます。
音声はHi-Fiスピーカーを使用しており、プロジェクターとは思えないダイナミックなサウンドを楽しむことが可能です。


【Wifiと直接接続可能】


プロジェクター本体とwifiを直接接続可能なので、通信制限を気にすることなく、プリインストールされている
youtubeやNetflixを楽しむことが可能です。付属のリモコンで操作も楽々。



【スペック】







【きっと見つかる、あなたの理想のプロジェクター。】

FunLogy公式サイトでは、この他にも大ヒット商品であるFN01PLUS・X-01や、持ち運びに便利なスタンディングスクリーンなど、プロジェクターに関する様々な商品を取り扱っております。
新生活のお供に、是非プロジェクターを手に入れてください!
URL:https://projector.click


< 株式会社Sandlots >
所在地:千葉市稲毛区長沼原町317-1
代表者:代表取締役 植村祐貴
事業内容:プロジェクターの開発・販売、輸入商材の卸
URL:http://sandlots-inc.com/

■本件に関するお問い合わせ
FunLogy サポート窓口
E-Mail: info@sandlots-inc.com




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: press release, pressrelease
68シェア
0
68
0
0

Sponsored Contents