Sponsored Contents

Xperia Tipsの最新記事

Image credit:
Save

画面ピカッ! Xperiaの「ディスプレイフラッシュ」で夜でも顔色良くセルフィー:Xperia Tips

思い出をきれいな顔で残すために

106シェア
10
31
0
65

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

久々の友人との集まりにカラオケで、同窓会の帰り道に懐かしのメンバーで、たまには自撮りもいいかもね、と撮ってみる――そんなとき、周りが暗いとスマホでセルフィーをしても顔がきれいに映らないこともしばしばあります。そこで、暗いシーンでセルフィーを撮るときに便利な「ディスプレイフラッシュ」機能をご紹介しましょう。対応機種は、Xperia XZ1とXperia XZ1 Compactです。

ディスプレイフラッシュとは、スマホの画面全体が光を放つフラッシュ。面積が大きいため、セルフィー撮影時に顔が明るく照らされてきれいに写ります。暗い店内や、夕方~夜の屋外などで自撮りするときに役立ちます。

Gallery: ディスプレイフラッシュの使い方 | 5 Photos

5

フロントカメラでフラッシュをオンにする


まずはカメラアプリを起動し、フロントカメラに切り替えます。左下にあるフラッシュアイコンをタップし、「自動」もしくは「強制発光」を選びます。


▲フロントカメラ画面。左下のフラッシュアイコンをタップして、「自動」か「強制発光」を選択する。暗所なら「自動」でフラッシュが作動するが、確実にフラッシュを使いたいときは「強制発光」にしておけば間違いない。シャッターボタンをタップすると、画面全体が光り写真が撮影される


シャッターを押したら画面全体が光る「ディスプレイフラッシュ」が作動します。

画面フラッシュで顔に影を作らない

フラッシュで人物を撮影すると眩しさに目をつむってしまうときもありますが、ディスプレイフラッシュはメインカメラのフラッシュのように強い光ではないため、セルフィーを撮る距離感でも目を閉じることはありませんでした。

ただし、画面が光っている時間が1秒ほどあるため、その間はスマホを動かさないように気を付けましょう。


▲夜の屋外で撮影。ディスプレイフラッシュOFF(左)とON(右)。フラッシュがOFFのときは、顔に影ができているが、ONのときでは影がなく、明るく撮れた。フラッシュを使用している顔のほうがトーンが明るく、血色も良く見える

夜に人物を撮影すると、どうしても街灯などによって顔に影ができてしまいます。しかし、ディスプレイフラッシュを使えば、顔全体が明るくなり、影と明るい部分のばらつきが解消されます。

暗い店内でも同様に、間接照明で少し照らされているけど、その分顔に影ができて撮りたいように撮れない、というときにも有効です。均等に明るくなるディスプレイフラッシュなら、照明の位置も気にせずに撮影できますね。

逆光でも顔は明るく、背景も少しはっきり撮れる


顔が暗くてうまく撮れないのは、逆光のときも同じ。そんな場合にもディスプレイフラッシュは有効です。夕方に、背景が明るい逆光気味の状況で使ってみました。


▲夕方にコンビニの前で撮影。ディスプレイフラッシュOFF(左)とON(右)。OFFのときは少し青白く、顔色があまりよくないが、ONのときは肌のトーンが少し明るくなっている。OFFでは背景が白飛びしているのに対し、ONのほうがはっきりと写っている


背景が明るいときに撮影すると背景が白飛びしがちですが、ディスプレイフラッシュを使うと多少はっきりと写りました。メガネにフラッシュの光が反射しないのも良いポイントですね。

なお、背景に明かりが一切ないところで撮影すると、顔はきれいに撮れますが、背景は真っ暗になりました。


▲ディスプレイフラッシュがOFF(左)とON(右)。OFFのときは全体が見えるが、ONだと顔が明るくなる一方で、背景が真っ暗に。背景を少しでも入れたいか、顔の写り具合を重視するかでフラッシュのON・OFFを選択しよう

実際にディスプレイフラッシュを使ってみてうれしい発見だったのが、顔色のトーンが明るくなるという点でした。周りが暗いとどうしても顔色が悪くなりがちですが、そんなときも血色良く撮れるのは◎。

また、狭い店内でメインカメラのフラッシュを使って撮影をすると、周りのお客さんにも光が当たる可能性があります。しかし、ディスプレイフラッシュはメインカメラのフラッシュと比べて弱く、目の前にある被写体のみに光が当たるため、周囲にフラッシュの光が当たってしまう配もありません。

ただ一方で、背景が真っ暗になり、顔だけがくっきりと映し出される場合もあるため、背景も含めて明るく撮りたいときには不向きかもしれません。例えば、手元にプレゼントを持って2-3人で撮影するときなど、写真に残したい被写体が"人物"と"物"であれば、背景を気にすることなく活用できるでしょう。

関連キーワード: android, mobile, sony, tips, xperia, Xperia Tips, xperiatips
106シェア
10
31
0
65

Sponsored Contents