Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップルのティム・クックCEO、Facebookのプライバシー基準を批判。「われわれは顧客を商品とは思っていない」

そりゃあハードウェア屋さんですしね

Kiyoshi Tane
2018年3月31日, 午前06:00 in Apple
285シェア
99
111
0
75

連載

注目記事

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

チートレベルの操作性!  最強ゲームスマホ「ROG Phone」✕「ハズキルーペ」でドン勝しまくる:ベストバイ2018

View

アップルのティム・クックCEOは、Facebookがユーザーデータの規定外流用を行った件につき、同社のプライバシー情報を取扱う姿勢を批判しました。

この発言は、アメリカのニュース専門放送MSNBCのインタビュー内で述べられ、2018年4月6日(現地時間)に放送予定とされるもの。「最高の規制は(政府の)規制がなく、自己規制だと思います。が、これは限度を超えています」として、Facebook問題につき政府当局による規制が必要との見方を仄めかしています。


クック氏はケンブリッジ大学の心理学教授らが5000万人分のFacebookユーザーの個人情報を無断流用したことや、Facebookの全体的なアプローチを両方とも批判しています。

が、これは昨日今日に始まったスタンスではなく、2015年にもFacebookとGoogleの個人データ収益化について同様の批判をしています。より遡れば前CEOのスティーブ・ジョブズ氏も、Googleなどのライバル企業とはプライバシー情報に関する姿勢が違うことを強調しており、一貫してブレがありません。

さらにクック氏は「もしも顧客を商品とみなしていたなら、大儲けできるでしょう。我々はそれをしないことを選びました」と述べ、Facebookがユーザーを商品扱いしていると暗に批判しています。

もっとも、アップルは基本的にiPhoneやMacなどを販売するハードウェア企業です。それに対してGoogleやFacebookは広告ビジネスの中核部分としてユーザーデータを利用している構造があり、「扱っている商品が違うだけ」ともいえます。

リリースされたばかりのiOS 11.3では、アップルが提供する機能が個人情報を使用する可能性がある場合にその詳細を但し書きする画面が常に表示されるアップデートも含まれています。

開発期間を逆算するとFacebook問題に合わせて実装されたわけではないと思われますが、このことを念頭に置いて、クックCEOも「わが社は個人情報を商品としない」スタンスをしたたかにアピールしたのかもしれません。


Source: recode
関連キーワード: apple, facebook, privacy, steve jobs
285シェア
99
111
0
75

Sponsored Contents