Sponsored Contents

galaxyの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Note8のSペンを使って手書きのメッセージをアニメGIFで送信しよう:Galaxy Tips

写真に動きのあるメッセージを描き込んだりするといいかも

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年4月9日, 午前11:00 in galaxy
85シェア
10
28
0
47

連載

注目記事


Galaxy Note8ではSペンを活用する新機能として「ライブメッセージ」が追加されました。描画したイラストやテキストは、筆の運びが反映された「.gif」ファイルとして保存されるので、SNSなどにもシェアしやすいでしょう。

Gallery: ライブメッセージを作成方法 | 5 Photos

5

ライブメッセージの使い方


画面がオンの状態でSペンを引き抜くと「エアコマンド」画面が起動します。この画面で「ライブメッセージ」を選択しましょう。

▲Sペンを引き抜いたときに表示される「エアコマンド」画面。そのままSペンでライブメッセージをタップする

ライブメッセージが起動すると、画面下半分に描画スペースが表示されます。Sペンを使って、ここにイラストやメッセージを描くと、それがアニメーションとして保存されます。

▲「ライブメッセージ」で描いている画面

アニメーションとして保存される都合上、保存できる描画時間に限界があります。筆者が検証した範囲では、一筆書きのイラストの場合、平均して8~10秒弱が限界でした。

筆を進めるにつれて上部のゲージが貯まっていき、限界に近づくとゲージが赤く変わります。最終的には「入力の限界に達しました」と表示されて強制終了になってしまうので、大作に挑戦するときには、時間配分を考えることが必要です。

ライブメッセージ画面では、左上にある3つのボタンがパレットの役割を担います。左から順にペン先の種類、ペンの太さ、インクの色を選択可能です(1度書き出すとペン先の種類を除く2つになる)。

▲写真を背景にして、メッセージを描き込むという使い方もできる。「背景」をタップした画面(左)。そこから写真を選択した画面(右)

ライブメッセージ画面の右上にある「背景」をタップすると、背景の色を変更できます。また、自身が撮影した写真を背景として設定することも可能です。

同画面で画質を「高画質(600×600)」または「標準画質(450×450)」から選択可能。デフォルトでは高画質が選択されているので、特に気にしなくてもよいと思いますが、容量を節約したい場合には後者も選べる仕様となっています。

キーボードから連携できるようになっている

ここでは「Gmail」を例に紹介します。新規メール作成画面で、キーボードの下部中央にある「T(手書き)」アイコンをタップ。その後、左下のキーボードアイコンを長押しすると、切り替え一覧が表示されるので、そこからライブメッセージのアイコンを選択します。

▲「T(手書き)」を選択(左)。キーボードアイコンを長押しして、ライブメッセージを選択する(右)

ライブメッセージを描画して、保存すると、「共有」の横にGmailのアイコンが表示されました。これをタップすると、別途GIFが添付された新規メールが作成されます。

▲Gmailアイコンをタップ(左)。メールに添付された状態で新たに新規メールが作成された(右)

以降は通常通り、宛先を指定するなどすればOK。これでアニメーションGIFが添付されたメールを送ることができます。もちろん、通常の画像を添付する手順でも問題はありません。

なお、「メッセージ」アプリでは、共有の横にアイコンが表示されませんでした。どうやら標準アプリでも対応に差があるようです。

関連キーワード: android, galaxy, galaxy note, galaxy note8, samsung, SPen
85シェア
10
28
0
47

Sponsored Contents