Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 8 / Plusに待望の新色「RED」、もう少し早く出してくれれば…(石川温)

3月にiPhone 8を買ったという人も多いハズ…

石川温
2018年4月10日, 午前06:00 in mobile
342シェア
167
115
0
60

連載

注目記事

人気記事

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

Kiyoshi Tane, 17 時間前
View

「もうちょっと、早く出してよ...」
全国のiPhone 8ユーザーから、そんな恨み節が聞こえてきそうだ。



アップルは4月9日21時半、iPhone 8およびiPhone 8 Plusに(PRODUCT) RED Special Editionを発表した。発売は4月13日となっている。

iPhoneの(PRODUCT) REDは、昨年もiPhone 7およびiPhone 7 Plusで3月末に発売されている。もはや、iPhoneの(PRODUCT) REDは、春の恒例行事になりつつある。

日本市場において、スマホが市場売れる時期は、春商戦と言われている。しかも、3月が最大の山場だ。これは4月からの新生活を迎えるにあたって、進学する新中学生や新高校生が「入学祝い」として買ってもらうケースが多い。もちろん、進級祝いというのもある。

今年の3月を振り返ってみると、iPhone 8およびiPhone 8 Plusが一括ゼロ円で販売されているショップもあるなど、投げ売り状態であった。主にMNPでの契約ユーザー向けであったが、それでも久々の一括ゼロ円販売であったこともあり、「3月にiPhone 8を購入した」という人も多いはずだ。

アップルとしては、昨年9月に発売したiPhone 8およびiPhone 8 Plusをテコ入れするため、発売から半年以上経過したタイミングで、新色である(PRODUCT) REDを投入してきた。とてもわかりやすい戦略だ。ただ、今年は3月末にApple Pencileに対応したiPadを発表、発売したこともあり、iPhone 8およびiPhone 8 Plusにおける(PRODUCT) RED Special Editionの発表が4月にずれ込んだのかも知れない。

しかし、日本のキャリアや販売代理店としては、(PRODUCT) REDの発売は2月ぐらいにやってくれると、ありがたいと思っているはずだ。

(PRODUCT) REDの発売により、iPhoneの購入を検討している人たちがショップに殺到するだろうし、仮に(PRODUCT) REDが気に入らなくても、既存の色を買ってくれるようになる。

iPhone 8およびiPhone 8 Plusの(PRODUCT) RED は、それなりに売れる。しかし、これが2月であれば、(PRODUCT) REDが呼び水となって、日本市場では学生需要を取り込み、爆発的に売れるのは間違いない。
おそらく、今年3月にiPhone 8を購入したばかりで、(PRODUCT) REDが出たことに悔し涙を流した人もいるはずだ。

今後、そんな悲しい思いをさせないためにも、アップルには来年こそは(PRODUCT) REDを日本の春商戦前に発売してもらうことを願うばかりだ。




342シェア
167
115
0
60

Sponsored Contents