Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2017年の今日、6コア12スレッドの「Ryzen 5 1600X」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2018年4月11日, 午前05:30 in today
71シェア
4
35
0
32

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

おもなできごと
・1970年4月11日、サターンV型ロケットで「アポロ13号」を打ち上げ
・2012年4月11日、Shure Japanがオープンエア型ヘッドフォン「SRH1840」を発売
・2017年4月11日、AMDが6コア12スレッドの「Ryzen 5 1600X」「Ryzen 5 1600」を発売
・2017年4月11日、「Windows 10 Creators Update」の配信開始

4月11日はアポロ13号が打ち上げられた日。月への有人飛行を目的としていましたが、打ち上げ後2日で酸素タンクが爆発。計画を中止し、月着陸船へと一時避難することで搭乗員3名全員が無事に地球へと生還しました。

過去のできごとで気になったのは、AMDの「Ryzen 5 1600X」「Ryzen 5 1600」発売(2017年)。3月に8コア16スレッドのRyzen 7は発売されていましたが、それの下位モデル、6コア12スレッドとなるRyzen 5が登場しました。価格は3万円前後と安めで、これはインテルのCore i7(Kaby Lake)よりも大幅に安く、Core i5に近い価格帯。それでいて性能はCore i7を超えることすらあるというコスパに優れたCPUでした。コア数が強化されたCoffee Lakeの登場によって以前ほどのインパクトはなくなってしまったとはいえ、今では2万円台前半にまで価格が落ちてきているだけに、コスパに優れているというのは揺るぎません。


もうひとつ気になったのは、「Windows 10 Creators Update」の配信開始(2017年)。基本的なセキュリティアップはもちろんですが、ブラウザーの「Microsoft Edge」、日本語入力の「IME」、ペン機能の「Windows Ink」、音声アシスタントの「Cortana」、「設定」項目の見直し、ゲーミング機能などが改善・強化されたほか、3Dモデルに対応した「ペイント3D」の搭載といった新機能の追加があったアップデートです。ユニークな機能としては、「夜間モード」の追加があります。いわゆるブルーライトカット機能で、画面の青色成分を減らすことで目に優しい......と言われているものです。効果があるかは微妙ですけどね。個人的に気に入っているのは、「ダイナミック ロック」。ペアリングしたスマホが範囲外になると自動的にPCをロックしてくれるもので、ちょっとした離席時に勝手にPCをいじられてしまうのを防げるのが便利です。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

数百回の自己修復が可能な撥水コーティング技術が発表。スプレーで簡単に塗布、摩耗や炎、プラズマ洗浄後も効果持続


損傷しにくく長持ちする、新しい撥水コーティング技術の話題です。従来の撥水コーティングは小さな柱状構造群の上を水滴が転がることで実現していましたが、この柱状構造が弱く、壊れやすいというのが弱点でした。これに対しAnish Tuteja准教授のグループが発表した新撥水コーティングは、フッ化ポリウレタンエラストマー材料と撥水分子「F-PROSS」の混合物を使うことで撥水表面に柔軟性を与え、さらに自己修復を可能とすることで、長期間の撥水効果を実現しています。記事中にある、焼いたり紫外線に当てたりプラズマ洗浄したりとイジメ抜いた後でも、撥水効果を保っているという動画は必見です。

関連キーワード: amd, Creators Update, ryzen, today, windows10
71シェア
4
35
0
32

Sponsored Contents