Sponsored Contents

pokemonの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGOで「カントーウィーク」。ミュウ発見に重要な第一世代ポケモン増量&アメ2倍

足止め中研究員救済措置

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年4月11日, 午前07:55 in Pokemon
113シェア
11
53
0
49

連載

注目記事

人気記事

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View


ポケモンGOで新イベント「カントーウィーク」が始まりました。期間は4月17日まで。

イベント中はカントー地方のポケモン、つまりピカチュウをはじめ『ポケットモンスター赤・緑』に登場した第一世代のポケモンが多く出現するほか、レイドボスとしてもプテラなど第一世代が増えるようになります。

最近加わった「リサーチ」で、幻のポケモン ミュウを追ううえでも重要なイベントです。



カントーウィークの内容は、

・カントー地方のポケモンの出現が増量(全国図鑑No.1から151、本編『赤・緑』登場の第一世代ポケモン)
・レイドボスにカントー地方のポケモン増加。カビゴン、プテラなど
・アメの獲得量が2倍。カントー地方のポケモンに限らず、捕獲・孵化・博士に送るなどで一律に有効
・期間は4月11日から17日まで

ポケモンGOのサービス開始当初から用意されていたポケモンたちとあって、以前からアクティブにプレイしているトレーナーにとっては、特殊なものを除きとうにコンプリートしているかもしれません。

その一方で、現在ではいわゆる第三世代ことジョウト地方のポケモンまでが登場するようになり、母数が増えたことから、以前は飽きるほど沸いていたカントー地方のポケモンが逆に珍しくなる状況もあります。



まだカントー地方のポケモンが揃っておらず集めたかったトレーナーにとって嬉しいのはもちろん、最近はじまった新要素「リサーチ」でも重要になってくることから、足止めを食らっていた駆け出し研究員にとってはありがたいイベントです。


(比較的最近ポケモンGOを始めた/復帰したなどで、あまりカントー地方のポケモンが揃っていないトレーナー各位へ。現在開催中の「スペシャルリサーチ」は、ポケモンGO公式が堂々と公表しているようにミュウの発見が目的です。途中のタスクについて具体的に触れることは避けますが、カントー地方のポケモンがある程度揃っていないと、力技ではクリアできず研究が滞ることになります。)。


カントー地方のポケモンはほぼ揃っているトレーナーにとっても、イベント中のアメ倍増は重要。レアなポケモンや進化のために大量のアメを必要とするポケモンの場合はなおさらです。スペシャルリサーチでも大量のアメが必要になることがあります。不要不急の進化は、少なくともスペシャルリサーチが完了するまで控えておいた方が無難です。

関連キーワード: pokemon, Pokemon GO, pokemongo
113シェア
11
53
0
49

Sponsored Contents