Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

ソニー「完全無線型で世界初の騒音除去・IPX4防滴イヤホン」WF-SP700Nなど3機種、4月28日発売

完全ワイヤレスでノイズキャンセルでIPX4防滴

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年4月10日, 午後04:15 in av
146シェア
19
127,"likes":135
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
ソニーがスポーツ向けとして世界初のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」を4月28日に国内発売します。1月に米国ラスベガスで開催されたCES 2018で発表されていたモデルで、ほかに首掛け型でノイズキャンセリング搭載のBluetoothイヤホンWI-SP600N、ノイズキャンセリング機能なしの首掛け型BluetoothイヤホンWI-SP500も同日発売です。

WF-SP700N


WF-SP700Nは、なかなか定義がわかりにくいのが難点ながら "完全ワイヤレス型として世界初のノイズキャンセリングおよび防滴機能搭載イヤホン" です。価格はオープン価格ですが、店頭推定は2万3000円後とのこと。

IPX4の防滴性能により、汗や少々の雨なら濡れながらでも、音楽を聞きながらスポーツやトレーニングに取り組めます。またひとりで黙々とこなすワークアウトなどの際は、周囲の音をシャットアウトするためにノイズキャンセルが活躍するはず。もちろん、逆に周囲の音を聞こえるようにする外音取り込みモードも搭載。ランニングなどでも車が接近する音や自転車のベルの音に気づくことができそうです。

そのほか仕様は、Bluetooth 4.1に対応し、コーデックには標準のSBCと高音質コーデックのAACに対応。NFCを内蔵しており、スマートフォンと簡単にペアリングが可能です。ヘッドホン側の操作と音声操作によってSiriなど音声アシスタントの呼び出しも可能。ドライバーは6mm径のダイナミック型。ブラック、ピンク、イエロー、ホワイトという4カラーをラインナップし、4サイズのイヤーピース、2サイズのサポーターが付属します。
重さは左右それぞれ約7.6g。バッテリーの持ちはフル充電で3時間、付属の充電ケースは内蔵バッテリーによってWF-SP700Nを2回、充電することが可能。コンセント電源がなくても合計9時間のリスニングを可能とします。

WI-SP600N


同じノイズキャンセルおよびIPX4防水つきBluetoothイヤホンでも、非対称楕円径の左右ユニットがケーブルで結ばれるWI-SP600Nはその特徴として「スポーツ時だけでなく日常のファッションにも合わせやすい」とスポーツ以外でも便利に使えることをアピールするモデル。ノイズキャンセルだけでなく、外音取り込みモードも搭載します。オープン価格で、店頭推定は1万9000円後。

基本的な機能はWF-SP700Nと同様ながら、バッテリーによる連続再生時間は最大6時間とWF-SP700Nの2倍の長さ。Bluetooth 4.1に対応し、コーデックには標準のSBCと高音質コーデックのAACを備えます。NFCを内蔵しており、ペアリング操作もワンタッチで完了します。

ケーブル部分のリモコンではスマートフォンなど対応する再生機器を簡単に操作でき、SiriやGoogleアプリの音声アシスタントの呼び出しが可能です。
ドライバーは6mm径ダイナミック型。カラーラインナップはWF-SP700Nと共通のブラック、ピンク、イエロー、ホワイト。重さは約21g。4サイズのイヤーピースと、2サイズのサポーターが付属します。

WI-SP500



WI-SP500はBluetooth 4.2を搭載するスタンダードな首掛け型Bluetoothイヤホン。ノイズキャンセリングや外音取り込みといった高度な機能は備えない代わりに、開放タイプの13.5mm径ダイナミック型ドライバー採用して周囲の会話や環境音も聞こえるようにしています。価格はオープン。店頭推定価格は9000円前後。

コーデックはSBCとAAC。NFCによるワンタッチペアリングに対応。IPX4相当の防滴性能を備えており、ランニングなどでも充分に使用可能。最大8時間のバッテリーを搭載しており、朝から夕方まで使い続けることができます。イヤホン本体の操作と音声操作でSiriなど音声アシスタントの呼び出しにも対応します。
重さは約18g。カラーはブラック、ピンク、イエロー、ホワイトの4色をラインナップ。イヤーピースは抜け落ち防止用の突起加工がなされたものが2サイズ付属します。


なお、ソニーは4月28日の発売に先駆け4月11日より銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神の各ソニーストアにて上記3製品の先行展示を実施するとのこと。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

146シェア
19
127,"likes":135
0

Sponsored Contents