Sponsored Contents

moviesの最新記事

Image credit:
Save

4K画質「パシフィック・リム」がiTunesにて500円のセール中。続編「アップライジング」公開記念か

Blu-ray版持ってますが買いました

Kiyoshi Tane
2018年4月12日, 午後12:38 in movies
1006シェア
0
1006
0
0

連載

注目記事


iTunes Storeにて、突如映画『パシフィック・リム』購入版のセールが開始されました。現在、500円のお値頃な価格となっています。セールの終了時期は現時点で不明。

同作はレンタル版でも400円のため、非常にお買い得度の高い状態。さらにiTunes版は、対応機器(後述)であれば4K+HDR(ドルビービジョン)画質で視聴でき、さらに字幕と吹き替え両対応な仕様。かなりお得な「全部入り」となっています。

同作関連では、ちょうど2018年4月13日から続編『パシフィック・リム アップライジング』が日本公開されるタイミング。Amazonでもセールを開催していることから、これに連動したセールと思われます。

Amazon側は価格こそ同じく500円ですが、そちらは解像度はHDまでとなっており、さらに吹き替え版字幕版とがそれぞれ別の商品扱い。お買い得度はiTunes版のほうが高そうです。

『パシフィック・リム』は、2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ監督のSF怪獣映画。二人がペアで操縦する人型巨大兵器イェーガー達が怪獣軍団と激突するという、デル・トロ監督の日本の漫画・ロボットへの愛が炸裂した特撮ファン感涙の一作でした。

すでに通常のBlu-ray版は1000円程度まで値下がりしているものの、4K Ultra HD(Blu-ray同梱)版はいまだに5000円前後に高止まりしています。

現状では最高画質の4Kで本編が楽しめる上に、iTunes版では、他の配信版では省かれがちな特典映像もバッチリ付属。20分以上にもわたるボーナストラックには、イェーガーの巨大セットやキャストの撮影秘話などが収録されているとのこと。

さて、冒頭でも紹介しましたが、続編の『パシフィック・リム:アップライジング』は、本記事掲載の翌日となる4月13日から日本公開スタート。前作の10年後の世界が舞台で、主人公は偉大な司令官スタッカー・ペントコストの息子であるジェイクです。


公開されたPVでは、新たなKAIJUや電磁ムチなどの新装備を振るう次世代イェーガー軍団、正体不明で謎のイェーガーが次々と登場。さらに前作では夜間や暗がりが多かったバトルも、白昼の高層ビル街で派手に繰り広げられる様が確認でき、デル・トロ監督が降板した際の不安が吹き飛ばされるような内容となっています。



なお、データとしては4K+HDR対応となるiTunes版ですが、4K画質での視聴は、公式サポートページの対応OSによれば「iOSまたはtvOS」とされている点には注意が必要です。5K iMacやPCなど他の機器での視聴については不明ですが、少なくとも現状では公式対応ではありません。

ただしiTunes版は、少なくとも字幕/吹き替え両対応という時点で、2倍はお得な仕様。『アップライジング』を鑑賞する前のウォーミングアップとして、買って損はないかもしれません。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: iTunes
関連キーワード: amazon, apple, itunes, movies, pacific rim, pacific rim 2
1006シェア
0
1006
0
0

Sponsored Contents