Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

Spotify、楽曲再生の制限を緩和する新無料プランを準備中。4月24日のイベントで発表?

どんなんかな~

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年4月11日, 午後07:00 in AV
286シェア
62
133
0
91

連載

注目記事

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

追記:ついに発売「Echo Show」レビュー、『見えるスマートスピーカー』に感じたポテンシャルと物足りなさ

View

音楽ストリーミングサービスのSpotifyが、4月24日にニューヨークで予定されるイベントで現在の無料プランの内容を刷新するかもしれません。特にスマートフォン向けの機能を改善するとされ、より有料のPremiumプランに近い体験を提供する可能性があるBloombergは伝えています。

Spotifyの無料プランはユーザーが自分で選曲することができず、基本的にランダムな選曲をそのまま聴くか、プレイリストに登録された曲をシャッフル方式で聴くことになります。それにくわえ短いCMが定期的に挿入されるほか、あまり好みでない曲を飛ばす場合もスキップ回数に制限があったりします。

これが無料ユーザーに地味にフラストレーションを感じさせ、ある程度それが蓄積した段階でPremiumプランへ移行させるといううまい戦略になっているわけです。Spotifyは2017年の終わりには有料無料あわせて1億7700万人ものユーザーを獲得しています。

ところが、アーティストやレコードレーベルはSpotifyの無料プランで楽曲がかかることをあまり快く思っておらず、特に新曲に関しては無料プランでは聴けなくするよう要求していました。Spotifyの無料プランは広告モデルであるため実際には収益は発生するものの、やはり音楽を提供する側としては、自分たちの商品たる音楽を聴いたなら、その対価を支払ってほしいというのは納得のいくところです。

対するSpotifyは、人気が高く無料プランユーザーも聴きたいであろう新曲がかけられないなら、YouTubeなどにユーザーが流れないようにするためにも、それに変わるものが必要です。Bloombergは、無料プランにおけるユーザーのプレイリストへのアクセスや操作の自由度がひろがり、よりPremiumプランに近い内容にする改善策をSpotifyが用意していると伝えています。

具体的に何ができるようになるのかまではわかっていないものの、無料プランである以上は有料プランの入り口である必要があるわけで、その改善にはいままで以上に無料ユーザーにPremiumプランに加入したいと思わせる巧妙さが仕込まれているとも考えられます。

なお、新しい無料プランは2~3週間以内に提供開始になる見込みとのこと。Spotifyには車載用の音声アシスタント対応ストリーミングデバイスのうわさなどもあがっているものの、それらが4月24日にニューヨークで予定されるSpotifyのイベントで発表されるかどうかはわかっていません。


286シェア
62
133
0
91

Sponsored Contents