Sponsored Contents

galaxyの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Note8で美しいボケ写真にする「ライブフォーカス」機能を使いこなす:Galaxy Tips

背景をぼかすも残すも自由自在

井上晃(AKIRA INOUE、ゴーズ)
2018年4月16日, 午前10:45 in galaxy
93シェア
7
39
0
47

連載

注目記事

人気記事

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

View

Galaxy Note8の背面に2つのカメラレンズが搭載されています。望遠レンズを活用することで、背景のボケ具合を調整できる「ライブフォーカス」撮影が可能になりました。本記事では、同機能の使い方について、および同機能と併用する「デュアルキャプチャ」機能の概要について解説します。

Gallery: ライブフォーカスとデュアルキャプチャの使い方 | 5 Photos

5

ライブフォーカスで撮影する


「カメラ」アプリを起動し、画面下部にある「ライブフォーカス」をタップします。


▲ライブフォーカスをタップする(左)。被写体との距離を調整すると、「ライブフォーカスを使用できます」と黄色い枠で表示される。また、画面内にスライダが出現する(右)

すると、背面カメラが望遠レンズに切り替わり、先ほどと比べてすこしズームしたような状態になります。画面には、「被写体から1~1.5m以内に距離を保ってください」とアドバイスが表示されるので、この指示にしたがって構図と被写体との位置関係を調整しましょう。有効な範囲では黄色い囲みで「ライブフォーカスを使用できます」と表示されます。

画面には「背景ぼかし」の具合を調整するスライダが表示されます。これを左右に動かして、ぼかし具合を決めましょう。


▲ライブフォーカスが有効になったら、スライダを調整して撮影。「+」側へ動かすとぼかし具合が強まる

ライブフォーカスで撮影した写真を調整する


ライブフォーカスで撮影した写真は、あとからぼかし具合を再調整できます。「ギャラリー」アプリで該当の写真を表示すると、下部に「背景ぼかしを調整」と表示されるので、これをタップ。次画面で再調整が行えます。


▲「背景ぼかしを調整」をタップ(左)。背景ぼかしを再調整できるスライダが表示される(右)。完了時にはチェックアイコンをタップする

デュアルキャプチャも活用しよう


ライブフォーカスで撮影を行う場合には、「デュアルキャプチャ」機能も併せて活用しましょう。同機能は、ライブフォーカスによるぼかし撮影を行うと同時に、広角(標準)レンズでも同じ場面を撮影して、記録しておけるというものです。これで背景をぼかしたポートレート撮影と、背景を活かした記念撮影が同時に行えます。なお、同機能はデフォルトで有効になっています。


▲ライブフォーカス画面で上部の四角が重なったアイコンをタップするとデュアルキャプチャのオン・オフが切り替わる。それぞれオフ(左)とオン(右)の画面

デュアルキャプチャを有効にしてライブフォーカスモードで撮影します。すると「ギャラリー」で写真を表示する際に、上部に「接写」「広角」という選択肢が現れます。


▲デュアルキャプチャを有効にして撮影した写真。「接写」を選択した画面(左)と「広角」を選択した画面(右)

広角(標準)レンズで撮影した画像を別のファイルとして保存しておきたい場合には、上記の「広角」を選択したうえで、右上のメニューから「新しいファイルとして保存」を操作しましょう。

93シェア
7
39
0
47

Sponsored Contents