Sponsored Contents

pokemonの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO カントーウィークは4月17日まで。ミュウ未入手のスペシャルリサーチャーは要確認

第一世代以外でも、博士に送る以外でもアメ2倍

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年4月16日, 午後08:55 in Pokemon
96シェア
12
41
0
43

連載

注目記事

人気記事

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

アップル、13 インチ MacBook Pro (非Touch Bar)の バッテリー交換プログラムを発表

View


ポケモンGOで開催中のイベント「カントーウィーク」は4月17日に終了予定です。

カントー地方、つまり「ポケットモンスター赤・緑」のポケモンが多く出現するイベントですが、期間中はすべてのポケモンでアメの獲得量が二倍になるため、溜まったポケモンを厳選整理して博士に送ったり、タマゴの孵化ボーナスで一気に大量のアメを稼ぐ最後の機会です。

また、3月から導入された新要素「スペシャルリサーチ」で幻のポケモン『ミュウ』発見を目指すためにも、カントーウィークのボーナスや出現確率変更は重要になってきます。




(ここから先、「スペシャルリサーチ」の内容に軽く触れます。場合によっては長期間の足止めを食らう課題について警告する程度ですが、まだ未着手で完全に事前情報なしで進めて自分なりに一喜一憂したい方は見ないでください)

カントーウィークは原作ゲーム『ポケットモンスター赤・緑』の舞台となったカントー地方のポケモン、いわゆる第一世代ポケモンの出現率やレイドボス登場が増えるイベント。

ポケモンGO公式でも「あの幻のポケモン「ミュウ」が不思議な力で呼び寄せたのでしょうか?」「「カントーメダル」のランクを上げれば、幻のポケモン・ミュウの姿を追う「スペシャルリサーチ」の研究にも、進捗をもたらすかもしれません!」とたびたび言及するように、現在展開中の「スペシャルリサーチ」、「幻のポケモンの姿を追え!」の達成条件に深く関わってきます。

熱心なトレーナーは始まった途端に力技でクリアしていることと思われますが、まだこれから、あるいは途上の研究者の皆さんのためにおさらいすると、スペシャルリサーチは常設の「フィールドリサーチ」同様、「何タイプのポケモンを何匹捕まえる」といったタスクをクリアしてゆくことで進めるクエスト的な内容です。

タスクの中には、「タマゴを3個かえす」「グレートスローを20回投げる」のようにただ頑張ればなんとかなるものもありますが、レイド関係など挑戦できる時間帯が限られるもの、「レベルXXに到達」「XXメダルを獲得」など、未達成なら地道に進めるしかない課題もあります。

(※ここから具体的なタスクに触れます)

なかでもポケモンGOをそれほど進めていないプレーヤーにとって壁となるのが、「レベル25に到達」「カントーメダル」をゴールド(100匹登録)にする、の二つ。

日常的に遊んできたプレーヤーにとっては課題が始まった途端にクリア扱いになりますが、特に最近始めたプレーヤーにとっては、登場するポケモンの母数が増えてカントー地方を集めにくかったこともあり、カントーウィークにできるだけ進めておくことが重要です。

また、ポケモンGOを熱心に遊んでいたプレーヤーでもタイミングによって引っかかる可能性があるのが、6段階目で課される「コイキングを進化させる」

コイキングはただ跳ねるだけで役に立たないポケモンが、進化によって恐ろしく強力で凶暴なギャラドスに進化するのがポケモンのお約束ですが、ポケモンGOでは進化のために必要なアメが400個という数に設定されています。

課題は「これまでコイキングを進化させたことがあるか」や「ギャラドスを持っているか」ではなく、進化させること自体を要求するために、とうの昔にギャラドスをゲットしていたプレーヤーでも、いまアメが足りなければまた400個を集める必要があります。色違いギャラドスのためについ最近進化させた、などの場合は目も当てられません。

スペシャルリサーチ途上の研究者または志望者で、コイキングのアメがあまりない場合、日本時間で17日まで(過去の例からおそらく18日早朝まで)に、できるだけコイキングを捕まえる、レイドボスで見かけたら必ず挑戦する、相棒として連れ歩く、博士に送るなどで増やしておくと、アメ2倍ボーナスが適用されて楽になります。

あまり知られていない地味な要素として、味方のジムのポケモンにきのみを補充してあげると、低確率でアメが手に入る場合があります。同色のジムにコイキングやギャラドスがいた場合はすかさず試しましょう。

スペシャルリサーチではこのほか、ゴーストタイプを10匹捕まえる課題もあります。その時々の環境によりますが、カントーウィーク中はゴースがやたらと登場するため、わざわざゴーストタイプの巣を探して歩くことなく比較的容易にクリアできます。

蛇足:プレイできる時間帯が限られる場合にやや面倒な「レイドを10回」課題ですが、敢えて勝たずに再挑戦を繰り返せば、一か所だけで達成できます。

(追記:同じ場所で負けて再戦することで、レイドパス一枚で一気にクリアする方法、仕様変更で不可能になったとのこと。)

たまたま他のトレーナーが参加してきた場合に倒されてしまったり、他のプレーヤーがこちらを戦力と恃んでレイドパスを使ってしまう可能性を防ぐために、グループコードを使うべきかもしれません。














関連キーワード: pokemon, pokemon go, pokemongo
96シェア
12
41
0
43

Sponsored Contents