Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、次はヒトカゲ大量発生。5月19日正午からコミュニティ・デイ開催

「地域のコミュニティ」ガン無視でも無問題

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年4月18日, 午後06:15 in Gaming
46シェア
6
40
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ポケモンGOが次の『コミュニティ・デイ』イベントを告知しました。開催は5月19日(土)の正午から15時まで、大量発生するのはヒトカゲ。



ヒトカゲはゲーム開始時に選べる初期ポケモンとあって、とうの昔にリザードンまで進化させているプレーヤーも多いと思われますが、イベント期間中に進化したリザードンは特別な技(未発表)を覚えます。

また公式に言及はないものの、これまでのコミュニティ・デイでは色違い個体も必ず発生していました。

図鑑が埋まっていたとしても、大量発生はエリート個体の厳選や特別なリザードン獲得、色違いコレクションの機会です。

今回のイベント中ボーナスは、毎度の「ルアーモジュールの効果が3時間に延長」および、「ポケモン捕獲時のほしのすなボーナスが3倍」。

ルアー以外のボーナスは、4月のメリープではタマゴの孵化に必要な距離が1/4になる強力な内容でしたが、5月のヒトカゲではすな3倍。さほど大きな額ではありませんが、強化のためにも稼いでおくにこしたことはありません。

これまでコミュニティ・デイにフィーチャーされたポケモンは、第一回がピカチュウ、第二回はミニリュウ、第三回フシギダネ、第四回メリープ。

トレーナーどうしの出会いやコミュニティ醸成というイベントの趣旨から、開催時間は昼12時から15時の3時間のみと短くなっていますが、これまでの例では不具合対応などでたびたび延長していました。ピンポイントで予定があって参加できなくても、直後の時間なら念のため延長していないか確認をおすすめします。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

46シェア
6
40
0

Sponsored Contents