Sponsored Contents

actioncameraの最新記事

Image credit:
Save

古いカメラでGoProが最大100ドル安、下取りキャンペーンが米で開始。他社カメラも対象

壊れてても下取ります

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年4月19日, 午後05:00 in Actioncamera
55シェア
6
49
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
アクションカメラのGoProが、2018年版の下取りキャンペーンを米国で開始しました。手持ちの古いカメラを下取りに出せば、最大100ドルの値引きでGoPro製品を購入できるという内容。

2017年の同キャンペーンは古いGoProをアップデートさせるための企画でしたが、今年はあらゆるメーカーのカメラが下取り対象になります。

下取りに出すカメラにつけられる唯一の条件は「新品価格が99ドル以上」ということだけ。つまり、かつて意気込んで購入したものの、現実にはスマートフォンのカメラですべて事足りてしまい、押入れの肥やしになってしまったデジイチやミラーレスがあれば、まちがいなくGoPro購入に役立てることができるわけです。

割引額は最大で100ドルなので、本当にお得になるかどうかは下取りに出す製品にもよるかもしれません。ただし、GoProは下取りに出すカメラのコンディションを問わないとしており、ある程度使い込んで不調だったり壊れているカメラならGoPro購入に役立てられるはずです。

下取りによる割引購入対象製品は、4K/60fps撮影対応のGoPro Hero 6 Blackが50ドル引き、VRカメラのGoPro Fusionが100ドル引き。

なお、記事執筆時点ではこのキャンペーンは期限が設けられていません。また下取りしたカメラはGoProがきちんとリサイクルに回すとのこと。

ちょっと古くなったカメラをGoProに生まれ変わらせたいな、と思う人は米国以外にもきっと大勢いるはず。日本でもぜひ、このキャンペーンの実施を検討してもらいたいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

55シェア
6
49
0

Sponsored Contents