Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

Android「メッセージ」アプリにiMessage的な「Chat」機能追加へ。RCS対応、世界55キャリアがサポート

ユーザーは特に意識することはありません

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年4月20日, 午後03:40 in Mobile
138シェア
0
138
0
0

連載

注目記事


Googleが、SMSをiPhoneのiMessageのように置き換えるアプリ「Chat」をAndroidに標準搭載すると複数メディアが報じました。「Chat」はメッセージングサービスRCS(Rich Communication Service)の汎用プロファイルに付けられた呼び名で、いわばSMSやMMSの次世代サービスとなります

RCSの汎用プロファイルでは、チャット/グループチャット、ファイル転送、音声・動画メッセージ、マルチデバイス対応などといった機能に対応します。ただし、iMessageにはあるエンド・ツー・エンドの暗号化機能は含まれません)

RCSについては2018年初めの発表時の43のキャリアとデバイスが採用することが発表され、それは後に55キャリア、11OEMデバイス、2つのOS(GoogleとMicrosoft。Appleは含まれません)にまで拡大しました。

Chatの機能はAndroidのメッセージアプリに組み込まれ、携帯電話のプランではSMSではなくデータ通信を使用します。ユーザーはiMessage同様何も気にすることはなく、Androidの「メッセージ」アプリでテキストメッセージを送信すれば、相手がRCSをサポートしていれば自動的にそれを使用し、そうでなければ従来のSMSメッセージとして扱います。

Googleの公式チャットアプリといえばすでに「Allo」があるもののGoogleの幹部Anil Subharwal氏はGoogleが現在Alloについては"休止状態"であるとしており、Alloチームはメッセージアプリの開発に携わっているとのこと。一方、ビデオチャットの「Duo」のほうは継続しており、HangoutサービスにSlackのようなビジネス向け機能を追加することに集中しています。


Googleはここ最近AndroidでのRCSサポートを開発しており、今後は1年~1年半ほどをかけて「Chat」の普及を進める予定です。ただ、Chat採用にはキャリアのサポートが不可欠であるにもかかわらずその足並みはいまいち揃ってはいない模様です。

ちなみに日本ではドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアがともにRCSに対応する「+メッセージ」を5月9日から提供すると発表ずみです




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

138シェア
0
138
0
0

Sponsored Contents