Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

BMW、クロスオーバーEV「iX3」のグリルデザインをチラ...モロ出し。左右がつながった変形キドニーグリルに

起亜...

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年4月23日, 午後01:30 in transportation
45シェア
8
37
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
独BMWが、4月25日開幕の北京モーターショーでの公開を予定するクロスオーバーEV「iX3」とされるティーザー動画を公開しました。このティーザーでは、衝撃的に変化した伝統のキドニーグリルのデザインをチラ見せ...というかモロ出ししています。

BMW SUV初のEVモデルとなるiX3は2月の段階で自動車専門メディアなどがスクープ写真を報じていたものの、そのときはグリルは伝統的な2つ穴のキドニーグリルでした。ところが正式発表目前にBMWがみずから公開したティーザーではそのグリル中央の仕切りが消え一体化しています。

BMWは2017年のフランクフルトモーターショーで公開しEVたコンセプトカー「i Vision Dynamics」でiX3ティーザーと同様の一体化グリルを採用しており、のちにこれの市販モデルを「i4」として2020年に発売すると決定しています。

今回のティーザーでもBMWは「コンセプトiX3」としており、2020年の市販モデルのグリルがどうなるかまではわかりません。ただ、AutoblogによるとBMWは「i4」の市販バージョンにも一体化グリルの採用をほのめかしたとされ、もしかするとEVやPHVモデルを示す「i」の系譜を象徴するグリルとしてこれを使っていくのかもしれません。

なお、BMWは2025年までに数十車種ものEV/PHVを出す予定。この中にはクーペモデルや自動運転を採用する高級モデルなども含まれています。さらにBMWはEV用バッテリー分野に参入して自社生産を目指しているほか、他の自動車メーカーとともに欧州全体の充電ネットワーク構築計画を進めています。

ちなみに、SNS方面では韓国・起亜自動車のグリルデザイン「タイガーノーズ」に被るという指摘がある模様。タイガーノーズはVWグループから来たデザイナーで、現在は起亜の社長を務めるペーター・シュライヤー氏がほぼ10年前に起亜の統一デザインとして採用したもの。BMWがわざわざ起亜にデザインを寄せて行くとは考えにくいものの、言われてみれば確かに似ているようにも思えます。

※訂正:初出時、上海モーターショーと記述していましたが、北京モーターショーの誤りでした。お詫びして訂正いたします。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

45シェア
8
37
0

Sponsored Contents