Sponsored Contents

healthcareの最新記事

Image credit:
Save

ベッドの下に敷いて睡眠の質を監視する「Nokia Sleep」レビュー。本命はIFTTTを使ったIoT連携機能

敏感肌でも安心して使える睡眠センサーです

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2018年4月24日, 午前11:10 in healthcare
145シェア
0
145
0
0

連載

注目記事


いまさら言うまでもないですが、ヒトが生きる上で睡眠は、非常に大事な営みのひとつです。適度な時間、良質な睡眠をとっていなければ、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

眠りの質を計測するのには腕時計型の睡眠計が定番ですが、充電が必要だったり、つけっぱなしだとムレたり、かぶれたりしがちです。そこで今回ご紹介するのが、マットレスの下に敷く睡眠センサー「Nokia Sleep」。なにも身につけずに眠りをモニターできる睡眠センサーの本命です。

Nokia Sleepは公式サイトで「スリープセンシング&ホームオートメーションパッド」と紹介されています。実は本製品はただの睡眠センサーではなく、むしろ「ホームオートメーションパッド」の要素のほうがガジェッター心をくすぐるのですが、まずはメインの機能からご紹介しましょう。


本体以外には、USB電源アダプターとクイックスタートガイドが同梱されています


Nokia Sleepのサイズは長さ637mm、幅190mm、厚さ5mm、重量は350 g 。サイズ的には腹巻きっぽいです

Nokia Sleepが計測できるのは、睡眠の質、心拍数、そしていびき。睡眠の質は、持続時間、深さ、規則性、中断がないかどうか、眠るまでの時間、起きるまでの時間を総合してスコアを算出します。心拍数、いびきは常時計測されているので、異常な数値があれば一目でわかります。睡眠時無呼吸症候群の簡易的な判断にも役立ちそうです。


睡眠の深さ、サイクルはグラフで一目でわかります


この日の心拍数はちょっと高めでした

セットアップは実にイージー。ノキアの「Health Mate」アプリをインストールして、アカウントを新規作成。あとはNokia Sleep本体のUSBケーブルをUSB電源アダプターに接続し、Health Mateアプリから設定するだけです。設置方法などはイラストで明示されるので迷うところはないでしょう。

ひとつだけ注意いただきたいのが、この手のネットワーク対応機器でありがちなのですが、Nokia Sleepが5GHz帯をサポートしていないこと。Nokia SleepはWi-Fiの接続先としてスマートフォンの設定を参照するので、事前に2.4GHz帯のアクセスポイントに変更しておく必要があります。


ノキアの「Health Mate」アプリからNokia Sleepをインストールします


設置方法はわかりやすくイラストで明示されます


マットレスは厚くても問題ありません


スマートフォンが5GHz帯のアクセスポイントに接続されていると、Nokia Sleepもそのまま接続しようとしてエラーとなります。事前に2.4GHz帯のアクセスポイントに切り替えておきましょう


最後に端末がキャリブレーションされます。あとは寝るだけでオーケー

Nokia Sleepを1週間ほど使う......というか、実は敷きっぱなしにしてその存在を忘れていたのですが、ちょうど1週間後に睡眠スコアを見て唖然としました。平均スコア49、平日の平均睡眠時間が5時間34分、週末の平均睡眠時間が7時間37分。月表示で見ると、グラフは真っ赤かです。いや、ホントに、もっとしっかり睡眠をとらないと早死にしますね。


8時間以上寝ると緑色、6時間30分以下しか寝ていないと赤色のマークが表示されます

さて、Nokia Sleepのもうひとつの売りが「ホームオートメーションパッド」としての機能。本製品は定番ウェブサービス「IFTTT」に対応しており、就寝と起床をトリガーにして、さまざまなIoT機器やウェブサービスと連携できるんです。人によっては、この機能のほうが本命かもしれませんね。

今回はスマートリモコン「Nature Remo」と連携させて、リビングの消灯を自動化してみました。これで朝、先に起きた妻から「リビングの照明がつけっぱなし!」と怒られる恐怖から解放されます。メッセージアプリ「Slack」などに「就寝中」などと自動投稿させれば、仕事仲間などから邪魔されることなく、安らかな一夜を過ごせそうです。


「就寝」と「起床」をIFTTTのトリガーに設定できます


今回は就寝のタイミングに合わせて、Nature Remoでリビングの照明を消灯してみました

IFTTTとの連携で活用範囲が飛躍的に広がったNokia Sleepは、税込み1万4990円で発売中。Amazon.co.jpやSoftBank SELECTIONオンラインショップ、二子玉川蔦屋家電で順次取り扱われています。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, healthcare, ifttt, IOT, iphone, nokia, sleep
145シェア
0
145
0
0

Sponsored Contents