Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:
Save

Lenovo Mirage Soloが日本上陸。体育会系VRデバイスの真打ちとなるか?

歩く、跳ぶ、しゃがむ、反復横跳び!

ナックル末吉, @nacklesueyoshi
2018年4月24日, 午後01:00 in vr
58シェア
0
58
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

LenovoはDaydream対応スタンドアロン型VRデバイス「Mirage Solo with Daydream」と、YouTube VR対応VRカメラ「Mirage Camera with Daydream」を日本でも発売することを発表しました。両製品とも、予約販売が4月24日開始、店頭販売は5月11日を予定。市場想定価格は、Mirage Soloが5万1200円(税抜)、Mirage Cameraが3万5800円となっています。

Mirage Soloの主なスペックは、75MHzで駆動する2560×1440ドットの液晶、Qualcomm Snapdragon 835 VR、4GBのRAM、4000mAhのバッテリーなど。また、VRプラットホームにはGoogleの「Daydream」が搭載されています。

PCやスマホを必要とせず単体でVRが楽しめるスタンドアロン型


Mirage Soloは動作にPCやスマホを必要とせず、ヘッドマウントディスプレイ単体でVRが楽しめるスタンドアロン型を採用しています。このことにより、VRをエンジョイ中に煩わしく感じるケーブルがなくなり、また、スマホをセットしたり、PCを起動したりといった手間も不要で、ヘッドマウントディスプレイをかぶれば即VRが楽しめるのが特徴です。

▲スマホのセットやPCやPS4に接続することが不要なスタンドアロン型ヘッドマウントディスプレイ

ユーザーの移動さえもトラッキングできる「WorldSense」搭載


Mirage Soloのもう一つの特徴として、頭部の動き以外に前後左右上下の移動を検知できる「ポジショントラッキング」に対応した「WorldSense」を搭載している点です。

ポジショントラッキングを説明する前に、まずは頭部の動きだけを検知する「ヘッドトラッキング」について説明します。ヘッドトラッキングは、ヘッドマウントディスプレイに搭載された各種センサー(ジャイロ、加速度、電子コンパス)により、頭部の上下左右の向きと傾きを検知できます。

▲頭部の動きだけを検知する「ヘッドトラッキング」

ポジショントラッキングは、ヘッドトラッキングに加えて、ヘッドマウントディスプレイの位置も検知できるシステムです。

▲ユーザーの移動も検知できる「ポジショントラッキング」

ヘッドトラッキングにのみ対応したVRデバイスでは、頭部の動きによってユーザーの視線を操作することはできましたが、ユーザーの移動までは検知できませんでした。VRゲームなどで、キャラクターが移動するにはコントローラーによる操作か、ゲームによる自動的な移動が必要でした。例えるなら、テーマパークのアトラクションでゴンドラに乗って移動しながら、ユーザーは、頭を動かしてアトラクション内部を鑑賞するイメージ。

ところが、ポジショントラッキングは、ユーザーが歩いたりジャンプしたり、しゃがんだりといった動作や移動まで検知できるので、よりアクション性の高い体育会系なゲームが実現可能となります。

このポジショントラッキングですが、今までの非スタンドアロン型デバイスでは、せっかくユーザーの移動まで検知できるのに、PCやPS4などに接続されたケーブルがユーザーの動きを制限していました。その点、Mirage Soloはスタンドアロン型。煩わしいケーブルから解き放たれたユーザーは、無限に広がるVR空間を自由に歩き回れるということになります。(ただし、ヘッドマウントディスプレイを装着したまま無節操に歩くと危険です!)

このポジショントラッキングには「アウトサイドイン方式」と「インサイドアウト方式」の2種類があります。アウトサイドイン方式はユーザーの周囲にセンサーやカメラを設置して、位置を検知する方式です。この方式は、ヘッドマウントディスプレイにポジショントラッキング用のセンサーを搭載しないで済む一方で、センサーが検知可能な範囲内でしかトラッキングできません。

一方、Mirage Soloが採用している「インサイドアウト方式」は、ヘッドマウントディスプレイの前面に搭載されたカメラセンサーでユーザーの位置を検知するため、センサーを設置する手間が省ける以外に、センサーが検出可能な範囲に制限されることなく、トラッキングが可能な方式です。

▲眼球っぽく見えるのが前面センサー

YouTube VRに対応した3Dカメラ


▲W105×H55×D22mm、139gの高機動なカメラ

同時に発売予定の「Mirage Camera」は、文字通りVR映像を撮影するためのカメラ。主なスペックは、1300万画素のデュアル魚眼カメラを搭載し、4K動画も撮影可能。16GBのROMの他に、MicroSDカードへの記録が可能で、カードを経由してMirage Soloでの再生が可能。上下180度+左右180度の視野角に対応し、撮影した動画はYouTube VRなどにアップすることでMirage Soloはもちろんのこと、他のVRデバイスでも視聴可能となっています。

ポジショントラッキング可能なスタンドアロン型VRデバイスをどう見るか?


さて、今回発表されたMirage Soloですが、やはり「スタンドアロン+ポジショントラッキング」というのが最大のウリです。VR空間を自由に歩き回るかはさておき、例えばVRに写し出されたオートバイなんかを眺める際に、車体の周囲を歩いて好きな角度からディティールを見たりすることなどが想定できます。このオートバイをアダルトVRに置き換えると......。そうです、琥珀色の男の夢が実現間近ということですよ。男子諸君!




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

58シェア
0
58
0
0

Sponsored Contents