Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Jabra、AlexaやSiri、Google Nowに対応した完全無線イヤホンなど5製品を発表。

目的と価格(グレード)によって製品ラインナップを整理

Hirotaka Totsu
2018年4月25日, 午後04:00
180シェア
45
69
0
66

連載

注目記事



GNオーディオジャパンは、Jabraブランドの新製品ランナップとして、AlexaやSiri、Google Nowなどの音声アシスタントに対応した完全ワイヤレスイヤホン「Elite 65t」など5製品を発表しました。「Elite 65t」や「Elite Active 65t」などは、CES 2018にて発表されていましたが、正式に日本での発表となりました。

Gallery: Jabra | 34 Photos

34

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場となったデンマーク大使館では、発表会冒頭で、駐日デンマーク王国大使フレディ・スヴェイネ氏が挨拶。2017年にデンマークと日本が国交樹立から150年を経過した長い友好関係にあること、Jabraブランドを持つGNグループは、1869年に電信会社として誕生し、古くは日本とユーラシア大陸を結ぶ通信ケーブルを敷設するなど、日本との関わりにおいてデンマーク企業の中でもっとも長い歴史がある企業であると日本との関わりを説明されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな長い付き合いのあるデンマークとGN社ですが、Jabraのブランドが浸透しきれていないことが課題でした。GNオーディオジャパンの代表取締役社長の安藤靖氏は、Jabra製品は世界的にもシェアがあり知名度も高いブランド、日本でも他の国と同じくらいの知名度が得られるようにブランドを整理したと説明します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例として、ドイツの自動車メーカーの例を挙げ、使用目的や価格帯(グレード)によってシリーズ、クラスを設けてヒエラルキーをわかりやすくする。シリーズ名を統一することでブランドの浸透を図るなどの取り組みを行うと説明しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

具体的には、通話と音楽に対応したワイヤレスイヤホン製品シリーズを「Elite」に統合。機能(価格)ごとに数字と末尾の英文字でモデルを識別するというものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラインナップのエントリーモデルの位置付けになる「Elite 25e」は、従来ではHALOシリーズの位置付けで、実質的にはその後継モデルということです。今回発表されたモデルでは唯一Alexaには対応しないものの、SiriやGoogle Nowに対応し、IP54の防塵・防水機能を持ちます。5月14日発売予定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

形状記憶機能をもたせた細いネックバンドによって装着性を向上させた「Elite 45e」は、SIri、Google Now、Alexaの音声アシスタントに対応。Jabra Sound +アプリに対応し、Bluetooth 5.0を採用、AACをサポート。2年間の保証が提供されます。6月上旬の発売を予定しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「Elite 65t」は、完全ワイヤレスイヤホンタイプでSIri、Google Now、Alexaの音声アシスタントに対応。Jabra Sound +アプリに対応し、Bluetooth 5.0を採用、AACをサポート。2年間の保証が提供されます。ケースでの充電と合わせて最大15時間の通話時間を実現します。5月14日発売予定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「Elite Active 65t」は、「Elite 65t」の基本機能に加えて内蔵モーションセンサーによって、活動量計などの機能を備えます。完全ワイヤレスイヤホン両モデルは、NFMI(近距離磁界誘導)技術によって左右のユニットの音途切れが低く、安定した接続性を実現します。こちらは6月上旬の発売を予定しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Alexaへの対応は5月末対応予定とのこと。Bluetoothヘッドホン、ヘッドセットを初めて製品化したJabraが、今回もいち早くBluetooth 5.0を採用した製品をリリースするとアピールしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

180シェア
45
69
0
66

Sponsored Contents