Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO『バトルウィーク』開催。ジム戦やレイドにボーナス、かくとうタイプ増量と色違いも

レアなかくとうタイプの収録厳選に

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年5月2日, 午後04:53 in Niantic
30シェア
0
30
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


ポケモンGOで新イベント「バトルウィーク」が始まりました。

ジムバトル・レイドバトルのXP倍増や、レイドで「ほしのすな」「ふしぎなアメ」ボーナスなどバトルまわりでごほうびが増えるほか、マクノシタ・アサナン(チャーレム)・バルキー(サワムラー・エビワラー・カポエラー)など、かくとうタイプのポケモンが多く出現します。



バトルウィークのボーナスをまとめると:

・ジムバトル・レイドバトルのXP2倍
・レイドバトル参加でほしのすな3000
・レイドバトル勝利でふしぎなアメ1つ以上確定
・ジムバッジのランクによるボーナス効果倍増(よく利用してバッジのランクが高いジムはXP・回した時のアイテムともに増加)
・かくとうタイプのポケモン出現率増加

出現するかくとうタイプの例として挙がっているのはバルキー(と進化後エビワラー)、チャーレム(進化前はアサナン)、ハリテヤマ(進化前はマクノシタ)、カイリキー(進化前はワンリキー ・ゴーリキー)。

かくとうタイプは比較的レアリティが高くアメも貯まりにくいため、まだ図鑑を埋めていないカジュアルなトレーナーにも、エリート個体を選び抜いて鍛えたいバトル志向トレーナーにとっても出現率向上は貴重な機会。

なかでも第二世代(ポケモン金銀)から追加のバルキーはかなり前に実装されているものの、進化先がサワムラー・エビワラー・カポエラーの三種類あり、入手した瞬間にどれに進化する可能性があるか決定している仕様のため、カジュアルなトレーナーだとなかなか進化後が揃いにくいポケモンです。

また公式には発表されていませんが、かくとうタイプのうちアサナン(チャーレム)・マクノシタ(ハリテヤマ)で色違いの個体が見つかっています。バトルやXP・ほしのすなボーナスにはあまり興味がない図鑑コンプ志向のトレーナーでも、素の出現率が上がるこの期間に探しておくのが楽そうです。

ジムバッジによるボーナスは、同じジムでバトルすることでランクがあがり、XPやディスク回転でのアイテム数が増えるシステム。今回のイベント中はこの倍率が上がります。

バトル志向でないトレーナーは、未入手ポケモンのレイドバトルくらいしか積極的にジムを使わない場合もありそうですが、ミュウツーが入手できるEXレイド戦は、一定期間内に遊んだことのあるジムから招待状が届く仕組みです。まだEXレイドに招待されていないならば、この機会にジム戦を増やしてみると良いかもしれません。

(ただしEXレイド招待の条件は調整が続いており、ほとんど使ったことがないようなジムから唐突に招待される場合もあります。現在のところ、特に高ランクバッジが必須というわけではありません。)

ポケモンGOのバトルウィークイベントはすでに開催中。5月14日(月)まで開催予定です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, nintendo, pokemon, pokemongo
30シェア
0
30
0
0

Sponsored Contents