Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

「バドワイザー」製造会社が800台の水素燃料電池トラックをニコラ・モーターに発注。テスラ・セミは40台

FCVトラックは長距離向き

Munenori Taniguchi
2018年5月4日, 午後02:30 in transportation
281シェア
121
115
0
45

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View
水素燃料電池で走るトラックを開発中のニコラ・モーターが、世界第三位のビール製造会社アンハイザー・ブッシュから800台のトラックを受注しました。納車時期は2020年。アンハイザー・ブッシュはテスラに40台のテスラ・セミを発注済みで、テスラとしては将来の受注をニコラ・モーターに奪われた格好です。

とはいえ、アンハイザー・ブッシュは2025年までに配送用トラックを再生可能エネルギー使用のものに切り替えていく方針であり、さしあたっていま現在EVもしくはFCV方式のトラックを用意している2社からトラックを用意することで、初期的な故障修理やリコールなどのリスクを分散できます。

また、ニコラ・モーターのFCVトラックは水素燃料をフルタンクで500マイル(約800km)から1200マイル(約1930km)もの航続距離を有します。一方、テスラのEVトラックの場合は最大500マイルとされることから、走行距離に最適なトラックを用意するのかもしれません。

ニコラ・モーターのトラックに関する懸案事項としては水素ステーションの少なさがあげられます。ニコラは2028年までにステーションを700か所設置する計画です。それでも長距離物流におけるFCVトラックはEVトラックよりもはるかに適していると言えるでしょう。

またアンハイザー・ブッシュのような企業がニコラ・モーターのトラックを導入することで潜在的顧客に信頼感を与えることもできることから、これがさらなる受注につながることもありそうです。

蛇足ですが、トラック分野でテスラに先行していたニコラ・モーターは先日、そのトラックのデザインを盗用したとして、テスラに20億ドルを求める訴えをおこしました。言われてみれば、たしかにピラーレスで左右に回り込むフロントガラスや、目立たなくデザインされたドアなどが似ているような気もしないでもありません。


281シェア
121
115
0
45

Sponsored Contents