Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

Nintendo Switch Online有料化の詳細が発表。ファミコンゲームやセーブデータお預かりがスタート

Switch版バーチャルコンソールはまだですか

Kiyoshi Tane
2018年5月10日, 午前07:00 in Gaming
215シェア
27
132
0
56

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

任天堂は9月から正式スタートするニンテンドースイッチ向けオンラインサービス「Nintendo Switch Online」の詳細を発表しました。スイッチが発売された2017年の夏から一部機能が先行して無料提供されており、今年初めには9月からの有料化が予告されていました。

主に詳細が明らかとなったのは、懐かしのファミコンゲームが楽しめる「ファミリーコンピュータ」および本体内のセーブデータをネット経由で預かって消失を防ぐ「セーブデータお預かり」(一部ソフトを除く)。いずれも無料期間内には提供されなかった、新たなサービスです。

『スプラトゥーン2』などのネット対戦や協力プレイが楽しめた「オンラインプレイ」の無料体験は、正式スタートをもって終了。逆に言えば、9月までは完全無料で利用できます。

service
「ファミリーコンピュータ」は、以前は「クラシックゲームセレクション(仮称)」とされていたもの。サービスの加入期間中は、ファミコンゲームの詰め合わせソフト「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」を楽しむことができます。
famicom

同じ場所にいる家族と一緒にプレイしたり、オンラインでフレンドと対戦や協力プレイもできるほか、1P/2Pを入れ替える、一人用のゲームを交代しながらプレイもできるとのこと。スマートフォン向けアプリ「Nintendo Switch Online」を使用したボイスチャットにも対応しています。

9月のサービス開始時のラインナップは20本。現在のところ下記10本のタイトルが発表されており、定期的にソフトが追加されるとか。
famicom

ネットを経由した「セーブデータお預かり」は、多くのユーザーに切望されていたであろう新サービス。スイッチのセーブデータは本体保存メモリーに保存され、「microSDカードに保存することはできません」と公式サポートページでも宣言されています。100時間超のセーブデータが本体の故障とともに永遠に消えた筆者のような悲劇は、避けられるようになりそうです。

価格は月300円、12ヶ月まとめて払うと2400円で、最大8アカウントまで利用できるファミリープランも用意。加入者限定の特典も予告されています。
money

1年一括払いなら月200円換算でオンラインプレイとファミコンゲームだけで元は取れそうです。が、WiiやWii U、3DSにもあったレトロゲーム復刻サービス「バーチャルコンソール」についての言及が、いまだに全くないのはかなりの肩透かし。
VC

他社サービスのようにPlusやゴールドメンバーシップなどワンランク上の料金コースを用意し、ゲームボーイやスーファミ、Nintendo64やゲームキューブのタイトル遊び放題も提供して頂きたいところです。

215シェア
27
132
0
56

Sponsored Contents