Sponsored Contents

Robotsの最新記事

Image credit:
Save

動画:オフィスを散歩する四脚ロボSpotMiniと野山を駆けるヒト型ロボAtlas、Boston Dynamicsが公開

下りときはお尻から

Munenori Taniguchi
2018年5月11日, 午前10:00 in Robots
217シェア
52
102
0
63

連載

注目記事

Boston Dynamicsが、黄色い四脚ロボSpotMiniが自律的にオフィスと工場内を散歩する動画を公開しました。この動画にはこのロボットが周囲の空間をどう認識しているかも示されています。また人型ロボットのAtlasは、ついに走ることを覚えました。

動画の内容は、約6分にわたってSpotMiniが延々とオフィスと工場内を練り歩くだけ。途中では障害物や階段セットがあったりするものの、すべてオペレーターの手を借りる様子もなく、きちんと迂回したり方向転換したりしてそれらをクリアします。

SpotMiniは胴体の前後左右にカメラを搭載しており、まるで自動運転車のように、常に周囲360度を認識できます。いちど認識したエリアはマッピングされ、あとからその情報を呼び出して自律的に動くことができます。この動画でも、事前にオフィス~工場をマッピングしており、その情報を呼び出して歩行しているということです。


Boston Dynamicsはこれまでにロボットアーム付きSpotMiniが首なしSpotMiniを助けるようにドアを開けて案内する動画や、ドアを開けて通ろうとすると意地悪なおじさんに邪魔をされる動画をを公開しており、ユニークながらもそのロボットが問題にいかに対処できるかを小出しに示してきました。

今回はこの四脚ロボットが "何ができるか" ではなく、"どのように機能しているか" を示しており、決してなかに本物の犬が入っているわけではないことがわかってひと安心、もしくは不安になれる動画と言えるかもしれません。

Boston DynamicsはSpotMiniだけでなくヒューマノイドロボットAtlasについても新しい動画を公開しました。こちらでは、これまで移動は歩くだけだったAtlasが、フライングシューズを履いたドクター中松風の軽やかなステップで野山を駆ける様子を紹介、後半では前回の動画で見せていたジャンプも披露しています。以前は人間からの辛い仕打ちに耐えかね逃亡したものの、歩くことしかできなかったためにすぐに捕らえられていた(?)Atlasですが、今後はその逃げ足も速くなるかもしれません。


217シェア
52
102
0
63

Sponsored Contents