Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneでも2枚のSIMを常用したい方に便利な、収納ポケット付きケースを発見:Japan IT Week

ついついMVNO契約してしまう人に便利。海外旅行にも持っていきたい

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2018年5月11日, 午後07:30 in iphone
155シェア
29
64
0
62

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応のスマートフォンが増えたことにより、SIMを複数契約して使っているユーザーが増えています。IIJmioのファミリーシェアプランのように、1契約で複数SIMを発行してくれるキャリアもあり、いまやSIMは1人で2枚、3枚持つ人もめずらしくありません。

またMVNOキャリアのキャンペーンで安価に契約したものの、そのSIMを持ち運ぶことなく机の引き出しの中にいれっぱなしにしている......なんて、もったいないことをしている人もいるでしょう。

2018年5月9日から東京ビッグサイトで開催していたJapan IT Weekに香港のスマートフォンケースメーカー、Itoro(アイトロ)が出展していたケースは、そんなSIMカード複数持ちの人に便利な製品なのです。






Itoroはイタリア製の本革を使ったスマートフォンケースを数多く製造している企業。ただし日本市場にはまだ未参入で、現在は販売代理店を探しているとのこと。

デザインは同社オリジナルで、実用性を兼ね揃えたラインナップも用意されています。たとえばSignatureと呼ばれるシリーズに属する「Strap n Go」は、背面にポケットを備え、クレジットカードやICカードを3枚収納することができます。



同じSignatureシリーズの「Hide n Go」は一見すると普通のケースですが、裏面の右隅をめくると内部にカードを1枚収納できます。見た目のデザインは崩さずに、普段使うカード類を常に収納しておけるわけです。



このようにデザイン重視な製品が多い同社のケースですが、ちょっと面白い製品も出しています。それがマイクロSIMとSIMピンを収納できるポケットの付いたケース。

外観や基本構造は、普通のスマートフォンケース同様の折りたたみ式(フォリオタイプ)。カバーを開いてiPhoneの画面を操作できます(展示はiPhone X用でした)。しかしそれだけではなく、iPhoneの部分を裏返すと3面構造になっており、その中央部分にはSIMとSIMピン収納用のポケットが内蔵されている......という構造です。

iPhoneはまだデュアルSIMの製品がないため、SIMを複数持っていると収納に困ります。またSIMの抜き差しの時は当然ながらSIMピンが必要。それをまとめて収納できるこのケースは、SIMを2枚持っているiPhoneユーザーにはベストのケースともいえるでしょう。



デザイン上でも、SIMカードとSIMピン入れの部分を色違いのステッチで囲っているのがおしゃれ。複数のカラバリ展開もあります。

現在はiPhone X用のみですが、これからGalaxy S9向けのものも出てくるとのこと。SIM複数利用で、特に2枚のSIMを頻繁に入れ替える人は注目したい製品ですよ。



スマートフォンケースは何百種類以上も市場に出回っているため、機能やデザイン、もちろん値段など、選択肢がいくつもあります。Itoroの製品はそんなケース市場の中で、機能性とデザインを追求した道を進むメーカー。ぜひ日本でも販売してほしいものです。




155シェア
29
64
0
62

Sponsored Contents