Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

『シェンムーⅢ』発売が2019年に延期。鈴木裕氏「この時間がクオリティUPに使われる事を約束」

発売延期を繰り返すこともシェンムーの一部ですね

Kiyoshi Tane
2018年5月17日, 午後02:00 in gaming
207シェア
22
139
0
46

連載

注目記事


現在開発中の大作ゲーム『シェンムーⅢ』に関して、まさかの発売日延期が公式サイトにて発表されました。「発売日についてのお知らせ」と題するリリースでは、ディレクターの鈴木裕氏とパブリッシュパートナーであるDeep Silverのコメントが掲載されています。

両者のコメントを総合すれば「クォリティアップのために発売延期」という、約20年来『シェンムー』を愛してきた人達には懐かしさを覚える趣旨が述べられています。

shenmu

『シェンムー』シリーズ第一作の『シェンムー一章 横須賀』は、国内では1999年にセガのゲーム機ドリームキャスト向けに発売。実際の売上よりもオープンワールドゲームの始祖として、記録よりも記憶に残った同シリーズの復活を望む声は、日本や海外でも高まっていました。

そんな中、E3 2015のソニープレスカンファレンスにて、シリーズ続編『シェンムーⅢ』開発をめざすクラウドファンディングの開始が発表。『シェンムー』産みの親である鈴木裕氏の会社YS Netが実施したファンディングは資金200万ドルを一夜で調達、最終的には633万ドルを突破して、ビデオゲーム部門では「史上最も資金を集めた企画」となりました。

それだけに、今回の発売延期はバッカーにとってショック......というわけではなく、半ば既定路線でしょう。

当初は2017年発売予定とされていたものの、同年6月のE3 2017での出展が断念され、8月のgamescon(ドイツでのゲームイベント)では大手パブリッシャーDeep Sliverとの提携とともに「2018年下半期のリリースに向けて開発中」とさり気なく発売延期を発表。

つまり、今回のニュースは「またですか」に過ぎません。そもそも元祖『シェンムー』も、元々はセガサターン用に企画・開発が進んでいたものが、クォリティアップのために開発時間がかかりすぎて次世代のドリームキャストへと移行した経緯があります。

ここまで『シェンムー』に付き合い続けたバッカー達にとっては、「延期さえもゲームの一部」ということで、開発進展の続報を気長に待ちたいものです。


Source: ShenmuⅢ
関連キーワード: cloudfunding, games, gaming, ps4, sega, Shenmue
207シェア
22
139
0
46

Sponsored Contents