Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、ヒトカゲ大量発生は19日正午から。特別なリザードンが狙えるコミュニティ・デイ開催

AR+の撮影モードで逃げなくなった!

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年5月18日, 午後07:00 in Niantic
103シェア
18
48
0
37

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View


ポケモンGOの月例イベント『コミュニティ・デイ』、第五回は5月19日(土)の正午から15時まで開催です。

今回大量発生するのは、御三家こと初期ポケモンのひとつヒトカゲ。また期間中に進化したリザードンは、特別なわざ「ブラストバーン」を覚えます。

公式な告知こそないものの、コミュニティ・デイではこれまでお約束のように色違いポケモンが出現しており、うわさの黒いリザードンがようやくゲットできるかもしれません。




開催時間はいつものとおり正午から3時間のみ。コミュニティ・デイは他のトレーナーとの交流促進が趣旨であることから、事前の開催日告知で自主イベントの企画やお誘いあわせをしやすく、3時間だけの開催で同じ時間に遊ばざるを得ない状況を設定しています。

ヒトカゲの大量発生とリザードンの特別なわざのほか、今回のボーナスは「ポケモンゲットで手に入るほしのすなが通常の3倍」「ルアーモジュールの効果が3時間に延長」。特にボーナス目当てで特別な行動をする必要はありません。

コミュニティ・デイの特別なわざは、イベントの期間中に進化したポケモンが対象。当日捕まえたヒトカゲを進化させなくても、いま手持ちのリザードを時間内に進化させればブラストバーンを覚えます(捕獲した時から覚えているパターンを除く)。

ただし色違いのリザードンはおそらく当日解禁になるため、色違いかつ特別なわざを覚えさせたければ、3時間のうちに見つけて進化させる必要があります。

なお進化といえば、先日のソフトウェアアップデートで、ふしぎなアメをまとめて特定種族のアメに変換できるようになりました。

従来は何度もタップを繰り返して一個ずつ変換する必要がありましたが、最新バージョンではアメ選択、ポケモン選択のあとに+/-ボタンで個数を選び決定するインターフェースになっています。

また最新の仕様変更で、AR+で写真撮影中にポケモンが逃げなくなりました(写真モードではもともとゲームシステム的に逃亡はしませんでしたが、AR⁺モードの挙動として近づくと草むらに隠れて再出現していました)。

従来のAR+フォトモードでは逃げられるせいで、せっかくのARを活かせない正面写真しか撮影しづらかったため、フォトモードの有用性が段違いになる重要な変更です。


次回以降のコミュニティ・デイは、来月が6月16日(土)、再来月が7月8日(日)。対象は未発表。

このほか今年の夏イベントとして、米国シカゴのポケモンGO Fest 2018 (7月14~15日)、ドイツ・ドルトムントのサファリゾーン(6月30日~7月1日)などが発表されています。日本国内向けは今後発表予定。横須賀市が会場に含まれることは分かっています。


Source: Pokémon GO
関連キーワード: niantic, pokemon, pokemongo
103シェア
18
48
0
37

Sponsored Contents