Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

RED「Hydrogen One」、今夏にAT&Tとベライゾンから発売へ

ホログラフィックスマホとやらの実力、見せてもらおうか

Engadget US(翻訳 塚本直樹)
2018年5月18日, 午後01:30 in mobile
156シェア
39
74
0
43

連載

注目記事



[Engadget US版より(原文へ)]

本日、AT&Tとベライゾンはともに初のホログラフィック・スマートフォンこと、REDの「Hydrogen One」を取り扱うと発表しました。AT&Tは「今夏の後半」だと発表していますが、このスマートフォンがすでに2回発売を延期していることは考慮しておく必要があり、また販売価格や具体的な発売日は発表されていません。ともかく、現在の発売時期のターゲットは2018年8月となっているようです。

端末の仮予約は昨年7月に、REDから直接1200ドル(約13万円)で開始されたのですが、すでに仮予約は締め切り済み。ウェブサイトには現在1295ドル(約14万円)のアルミニウムモデルと1595ドル(約18万円)のチタンモデルが掲載されています。なおこのHydrogen Oneには「4V(four-view)」技術が搭載されています。これは2D、3D、AR(拡張現実)、MR(複合現実)、VR(仮想現実)が取り扱えるという意味で、さらに追加ハードウェアやヘッドセットも必要ありません。なお、この技術の具体的な仕組みはまだはっきりしていません。

もしREDのHydrogen Oneを直接予約した場合には、AT&Tやベライゾン経由で注文した場合よりも早く入手できると期待できそうです。実際、REDはキャリアによる認証の複数回の遅延を非難しています。「我々はプロセスをコントロールできず、いつ認証のプロセスを通過できるかはキャリアのなすがままなのです」と、REDは1月22日にフォーラムに投稿しています。「つまり、キャリアからの公式出荷日はおそらく夏のいずれかの時期になります。ただ、仮予約されたアンロックモデルの出荷はそれより前になります」。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Swapna Krishna
Source: Verizon
関連キーワード: android, hydrogen, mobile, red, smartphone
156シェア
39
74
0
43

Sponsored Contents